2011年1月28日金曜日

大縄&8の字跳び必勝法 声をそろえる

声をそろえることは大切である。
「声がそろうと心がそろう」と子どもに教える。
「心を一つにする」ことで、「一つの生き物」として、理想的な動きが得られる。

まずは、かけ声の「1、2!」を大きく出させること。
そして、文字通り「全員」出させること。
例外は認めない。
一人でも出さない人がいたらダメであることを強調する。
一人でも仲間外れがいたら、それだけでうまくいかない。
声が出ると、雰囲気も良くなり、やる気もでる。

なお、これは朝の歌や教科書の音読など、生活の中の全員で声を出す場面でも徹底させる。
「これも大縄の練習」と伝えると、がぜんやる気を出す。(練習を楽しんでいる場合)
お試しあれ。

働き方改革と個人の価値観

前号に引き続き、学校での働き方改革を考える。 職場を思い浮かべれば、ばりばりやる人、ほちぼちの人、あるいはそうでもない人もいるかもしれない。 毎日夜遅くまで残業している人、定時で帰る人、短時間勤務の人、色々いる。 いつでも精力的でばりばりやる人、決められたことを自分のペー...

ブログ アーカイブ