2011年1月1日土曜日

「今日はいい日になるね」

朝の健康観察が終わる。
全員が出席している時、私は必ず言う台詞が決まっている。
「あ~、今日これ絶対いい日になるね。いいこと起きるな。楽しみだね~。」
しみじみと、つぶやくように、かつ全員にはっきり聞こえる声で言う。
まあ、暗示である。
しかし、この言葉を聞くと、子どもはニコニコし始める。
「またそんなこと言って」と思いつつ、「そうかも」と思っているのだ。
朝が快適にスタートする。
授業もスムーズである。
だまされたと思って、お試しあれ。

なお、1月1日なので、みなさんには次の言葉を贈りたい。
「今年は、いい年になるね。
だって、これ読んでるぐらいの勉強家だから。
絶対いいことがたくさん起こるね。
まあ、当たり前だけど。」
いい一年になって、何よりでございます。

働き方改革と個人の価値観

前号に引き続き、学校での働き方改革を考える。 職場を思い浮かべれば、ばりばりやる人、ほちぼちの人、あるいはそうでもない人もいるかもしれない。 毎日夜遅くまで残業している人、定時で帰る人、短時間勤務の人、色々いる。 いつでも精力的でばりばりやる人、決められたことを自分のペー...

ブログ アーカイブ