2011年1月1日土曜日

「今日はいい日になるね」

朝の健康観察が終わる。
全員が出席している時、私は必ず言う台詞が決まっている。
「あ~、今日これ絶対いい日になるね。いいこと起きるな。楽しみだね~。」
しみじみと、つぶやくように、かつ全員にはっきり聞こえる声で言う。
まあ、暗示である。
しかし、この言葉を聞くと、子どもはニコニコし始める。
「またそんなこと言って」と思いつつ、「そうかも」と思っているのだ。
朝が快適にスタートする。
授業もスムーズである。
だまされたと思って、お試しあれ。

なお、1月1日なので、みなさんには次の言葉を贈りたい。
「今年は、いい年になるね。
だって、これ読んでるぐらいの勉強家だから。
絶対いいことがたくさん起こるね。
まあ、当たり前だけど。」
いい一年になって、何よりでございます。

採用試験の重要性

つい先日、千葉県の教員採用試験の二次選考があった。 この採用試験というのは、学校現場にとって非常に重要な意味をもつ。 以前も書いた気がするが、記事を探しても見当たらないので再度書く。 ずっと前に「東京教師塾」で、塾頭の原田隆史先生に次のような話を伺った。 (記憶を辿って...

ブログ アーカイブ