2011年1月1日土曜日

「今日はいい日になるね」

朝の健康観察が終わる。
全員が出席している時、私は必ず言う台詞が決まっている。
「あ~、今日これ絶対いい日になるね。いいこと起きるな。楽しみだね~。」
しみじみと、つぶやくように、かつ全員にはっきり聞こえる声で言う。
まあ、暗示である。
しかし、この言葉を聞くと、子どもはニコニコし始める。
「またそんなこと言って」と思いつつ、「そうかも」と思っているのだ。
朝が快適にスタートする。
授業もスムーズである。
だまされたと思って、お試しあれ。

なお、1月1日なので、みなさんには次の言葉を贈りたい。
「今年は、いい年になるね。
だって、これ読んでるぐらいの勉強家だから。
絶対いいことがたくさん起こるね。
まあ、当たり前だけど。」
いい一年になって、何よりでございます。

自由な学級=選択の幅が広い学級

以前の「自由市場と政治の原理 学級経営への応用」の記事について、 アメリカ在住の読者の方から、感想をいただいた。 読者の皆様にとっても大いに参考になると思ったので、紹介する許可をもらった。 以下、メールより引用する。 ================ (引用開始) ...

ブログ アーカイブ