2018年9月19日水曜日

子どもは本能的に見抜く

学校のアサガオに水をやっていたら、通りから柵越しに声をかけられた。
この学校の卒業生の方だという、80歳の女性である。
自分もかつて高校で教師をやっていたので、つい声をかけたくなったという。

たまたま出会った方だったが、面白い話がたくさん聞けた。
せっかくのご縁をいただいたので、備忘録も兼ねて、ご縁を生かすつもりでいくつかシェアする。

その女性が、高校で教師をしていた頃の話である。
教室に入ると、すごい剣幕で暴れている男子生徒がいたという。
ある教師に「お前はバカだ」といわれて激昂していたらしい。

そこで、担任であるその女性は、次のようなやりとりをした。
「あなたは人にバカと言われたらバカになるの?」
「・・・」
「じゃ、今私をブスって言ってみなさい。」
「言いたくない。」
「いいから言ってみなさい。」
「・・・ブス。」
「ブスになった?」
「ならねーよ!」
「じゃ、あなたもバカじゃないわ。
 いい、他人に決められることじゃないの。
 自分の尊厳は自分で守りなさい。」

リアルに金八先生である。
体当たり感が素敵である。
体が小さくても、迫力があるとはこういう状態である。
そして、あまり普通は思い付かない対応である。

話を聞いている内に、どうやらかなり哲学関係の勉強をしている方とわかった。
私は「あなた、マルクスの『自省録』読んだことある?」
と聞かれた。
「読んだことありますね。半分ぐらい・・・」
と答える私。
「きちんと読みなさい。何回読んでもいい本よ。」
とおすすめされた。

そう、たまたま、最近読んだような記憶があった。
帰って見てみると、私の「半年以内積ん読コーナー」に入っていて、何か「ぞわっ」とした。
ご縁である。
(という訳で、今は『自省録』熟読中である。)

「子どもは、勉強している先生を、本能的に見抜くのよ。
 勉強して勉強して、子どものために、立派な先生になりなさい。」
と言って、爽やかに去っていかれた。

自分が、勉強する。
それが、子どものためになる。
そうなると、これはもはや職務上の責務でもある。
堂々と「勉強してます」といえるようになりたい。

2018年9月17日月曜日

偉大な常識

8月7日の投稿で『「常識」は敵』という記事を書いた。
自分の中にある常識を疑うべし、という意味で書いた記事である。
これについては、他にもご意見をいただいた。
常識とは、なかなかに定義が難しいものである。

違う視点で、興味深い定義に当たったので紹介する。

『人間にとって成熟とは何か』幻冬舎新書 2013年 曽根綾子
================
(引用開始)
常識というものは常に相手の存在を意識するところにある。
相手はどうでもいい、と思うから非常識が発生する。
(引用終了)
=================

なるほど、こう考えると、常識は必要である。
自分一人で生きていけるなら他人への配慮は必要ない。
しかし、そんなことができるはずはない。

こう考えると、一般的に言われる「常識」が絶対的なものではなく、文化的に規定されることがますますよくわかる。
つまりは、相手主体である。
文化の違う国の人相手には、非常識になってしまいやすい。
また、考え方があまりに違う相手にとっても、互いに非常識である。
世代間格差による非常識も、言わずもがなである。

そこに対し、この本の中では「偉大な常識」という言葉も登場する。
曰くそれは
「普遍的な人間性を表す基準的な何か」
であるという。
それは、心の中にもつものである。

普遍的な人間性。
これを考えるだけでも深い。
ここでは定義しない。
(少なくとも、1リットルのコーヒー牛乳をストローで飲むか云々、というレベルの話ではないことだけは間違いない。)

普遍的な人間性を表す基準をどう置くか。
私のような凡人にとって、高尚なことは難しい。
とりあえず、相手が嫌がることをしないとか、悪口を言わないとか、当たり前のことだけは守っていきたい。

2018年9月16日日曜日

怒りの壺

夏休み中、家に子どもがいることで、つい怒りやすくなっていた気がするという母親の皆様方に向けて。

「アンガーマネジメント」という言葉が割と一般化してきた。
怒りの扱い方スキルである。
仏教を初め各宗教でも、怒りの扱い方は古今東西の重要テーマである。
怒りというのは、人生全般における真剣な問題なのである。

以下は、私の怒りに対するオリジナルイメージである。

怒りの壺がある。
(ちなみに「努力の壺」という有名な話に思いっきり着想を得ている。)
これは、一日の中でたまる。
朝目覚めた時点では空っぽのゼロスタートである。

壺なので、外からは表面的には見えない。
イラッとすること、怒るようなことがあっても、怒らないこともある。
しかし壺には確実にたまっていく。

壺のサイズは、環境で変わる。
身体的な不快を感じると、壺自体が小さくなる。
忙しいなど心理的な不快を感じると、壺自体が小さくなる。

一度溢れたら、次から少しでも溢れ続ける。
些細なことでも怒りとして表出する。
子どもが言うこと聞かないでイライラして溜めた分のあおりを、帰宅した夫が全部食らうのも、古今東西の世の常である。

ただし、ひっくり返すほど思い切りこぼした場合は別で、またしばらく溜まるまで我慢できる。
その間、本人は「怒りすぎたなぁ・・・」と反省している状態である。

壺には下の方にごく小さな穴が空いていて、少しずつだが自然に流れ出ていく。
たまったのが少量であれば、何事もなく一日が終わる。
そして、一晩経つと大体空になる。

そんなイメージである。
自分なりにイメージをもつことで、怒りにくくしたい訳である。
防げる要素は防ぐ。
そして、防げない事態があることもわかる。

周りの人と接する時にも、そうだと思えばいい。
つまり、相手の壺のたまり具合によっては、些細なことで怒る時もある。
普段が穏やかな人でも、壺にたまっていれば別である。
「触らぬ神に祟りなし」で、場合によっては話しかけないのが吉である。

朝一番に、生徒指導についての問題が入ることは結構ある。
前日の夜に問題が発覚した、というような場合は、これが起こり得る。
朝からマイナスの指導である。

この気分の最悪さは、ほぼ全員の学級担任が知っていると思う。
この一発の指導で、一日がダメになることが結構ある。
なぜなら、朝一に壺の半分以上がたまるか、あるいは溢れてしまうからである。

子どもにとっても、この日に良からぬことをしたら、一発で逆鱗に触れる可能性がある。
つまりは、学級というチーム全体、あるいは家族全員で、担任や親の怒りの壺にせっせと溜めているイメージである。

怒るなといっても無理である。
子育て中の母親に「怒らず優しくしてあげてください」とアドバイスするぐらい無理な話である。
怒ってしまう仕組みをわかっている方がよい。

それでも怒りが溢れた時の最善策は、その場を離れることである。
言いたいことが百あるのは承知の上で、とりあえず部屋を出ていってしまうことである。
涼しくて一人になれる場があれば一番いい。
文字通り、クールダウンできる。

あまりにも湿度と気温の高すぎる環境はダメである。
政府が先導して全国の学校にクーラーを配備しようとする動きは、理に適っている。
子どもとて、環境によっては怒りやすくなるし、集中力が切れる。
特別な支援が必要な子どもたちなら、尚更である。

怒らない環境づくりが大切ということで、書いてみた。

子どもは本能的に見抜く

学校のアサガオに水をやっていたら、通りから柵越しに声をかけられた。 この学校の卒業生の方だという、80歳の女性である。 自分もかつて高校で教師をやっていたので、つい声をかけたくなったという。 たまたま出会った方だったが、面白い話がたくさん聞けた。 せっかくのご縁をいただ...

ブログ アーカイブ