2019年1月19日土曜日

荒れる大人にも受けの美学

成人の日と関連して、「受けの美学」の話。

全国各地で成人式が開かれた。
大人になったことを祝う日である。

大人になるとは、自分で責任がとれるようになるということ。
大人になるとは、与える人の側に回るということ。

喜ばしいことである。
歓迎である。

再三述べているように、ごく一部の新成人が荒れるのは、わざわさメディアが騒いであげるからである。
大人が甘やかしているのである。
騒ぐエサをあげているともいえる。

渋谷のハロウィン騒ぎと全く同質である。
「ダメでしょ」と口だけ注意して、心の底で大人たちが面白がっているからである。
(学校現場でも見受けられる。注意するなら本気でしないと逆効果である。)

大人がそういう形でしか騒げないのはなぜか。
心が満たされていないからである。
幼少期からの表現欲求と自己承認欲求が満たされていない。
要は、受けてもらえなかった負債である。

攻撃を受けてもらえれば、信頼感が生まれる。
受けてもらってばかりで相手に申し訳ないなという思いも抱く。
相手の攻撃も受けないといけないなと思う。
そうすると、遠慮も生まれ、変な荒れの形では出てこない。

毒出しである。
作用反作用の法則、正負の法則により、負は必然である。

受けるとは、心配することではない。
そういうもの、と認めることである。
ちょっと傷付くし自分は違う考えだけど、あなたはそう考えてるのね、と認めることである。

ごく一部の新成人の荒れも、受けないといけない。
その地域の教育の負債の返済なのである。
家庭教育はもちろんだが、学校は何かしら彼ら、彼女らに関わったはずである。
責任をもって、甘んじて受けるしかない。

それをわざわざ報道しなくていい。
あらゆる事件と同じで、悲劇を知ったところでどうにもできない。
ワイドショー的に見世物になるだけである。
教育の被害者たちを見世物にすべきではない。

ハレの日のスポットライトは、正しい姿に向けるべきである。
今年こそは、あの手の報道がどこの放送局でも流れないことを期待したい。
悪いところにわざわざ目を向けるのは、愚か者のすることである。

私がかつて教えた子どもたちも、新成人となった。
素敵に輝く新成人たちを心から歓迎したい。

2019年1月13日日曜日

子どもの成長を確実に阻害する方法

17年半の間、学級担任として様々な子どもたちを見てきた。
同時に、様々な保護者とも接してきた。

教育において、環境は大切である。
地域というのは、多様性において無視できない要素である。
山間の学校。
街中の学校。
新興住宅地。
私立学校や附属学校。

それぞれ、かなり生活スタイルの異なる人々が暮らしている。
それぞれに良さもあり、大変な面もある。
しかし、どの環境に暮らす人であっても、共通項は見えてくる。

今日紹介するのは、そんな多様な状況の中で見えてきた、子どもの成長を確実に阻害する方法である。
これを裏返せば、すべての子どもの劇的な成長を促す方法ともいえる。

これは、多くの人にとって、多大な興味があるのではないかと思われる。
研究者による社会実験等の結果ではなく、あくまで私の現場感覚による実感だが、自信がある。
信じるも信じないも自由である。
その程度で読んでいただきたい。

ずばり。
成長を阻害する一番の方法とは、



「心配しすぎ。」



これである。
親でも学級担任でも同様。
これに尽きる。

この傾向があると、とにかく「指示」「注意」「禁止」が多くなる。
更に「他責」が加わる。
子どもに対しても心配だし、担任の先生や学校、習い事のコーチに対しても心配なのである。
(そんなに心配なら全部自分で世話してください、と特に習い事や保育園の先生は強く思っている気がする。)

当然、子ども自身も、心配性になり、指示待ち傾向が強くなり、他責的になる。
自分が失敗するのは、指示を出した親や教師、あるいは周りの仲間の責任であると考えるようになるからである。
これに伴って、いじめる、いじめられる、傍観、便乗するという傾向にもつながる。

ちなみに心配とは「慎重」とは違う。
慎重とは、熟考し、軽々しく断定や行動をしないことである。
大局を見る視点であり、こちらは大切である。
(私は、慎重に見てきた上で、敢えて断定して述べている。)

ここでいう「心配」とは、失敗を無暗やたらに怖れて子どもの挑戦を阻止し、先回りして解決しようとする行為である。
この一文を読むだけでもわかると思うが、これを習慣的に行えば、子どもがどういう方向に育つかである。

過剰な心配性は

臆病
事なかれ主義
他者依存
他責

ひいては他人に対し
指示・支配的
聞く耳をもたない
失敗を責める
挑戦を馬鹿にする

こういった傾向を強めるだけである。

愛する我が子に失敗させたくないのはわかるが、これでまともに育つはずがない。
まして担任がその傾向だと、学級集団の全員がそうなるので、負のスパイラルである。

要はこれを裏返せば、子どもが劇的に育つ方法になる。

つまり、心配しすぎないこと。
教えたら、とりあえずさせてみて、失敗しても励ます。
信頼して、だんだんと任せていく。
愛情をもって見守ってはいるけれど、基本的に口出し、手出しを控えて我慢する。

強く育っている子どもの親や学級担任は、大抵これをやっているようである。
だから、子どもが自信に満ち溢れている。
少しぐらい失敗しても叱られても、へこたれない強い子どもになっている。

書いていて気付いたが、これは山本五十六の有名な言葉と全く同じである。
====================
やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ。
話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず。
やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず。
=====================

今回は子育ての話だが、上司と部下というような関係にもほぼ完全に当てはまる。
自分を信頼してくれる上司のもとでしか、人は育たない。
いつも心配ばかりされて、厳しいチェックと指示、叱責ばかりの上司についていきたい人はいない。
(しかし部下の立場でこれに甘えるのは間違っている。大人なら、自分がしっかりする方が先である。)

子どもを「所有物」「私物」化しているから、心配性になる。
子どもは一人の自立した人格なのである。
親のものではないし、ましてたかだか一学級担任のものであるはずがない。

要は、いちいち細かすぎなのである。
他者にそんな関心をもつ暇があるなら、自分の心配をしなさいということである。
心配性の人が一番心配である。

愛しているなら、心配しすぎない。
愛しているなら、信頼して任せる。

子育て、人材育成の肝である。

2019年1月11日金曜日

要望の根本を見抜く

電車の広告を見ての気付き。

通勤電車に乗っていると、広告が目に入る。
しばらく定期的に定点観測を続けてみた。

さて、問題である。
一番多い広告は何か。

これは私の利用している電車がそうなのかもしれないが、不動の一位がある。
それは、エステの脱毛の広告である。

これをお世話になっている美容師の方に話した。
私は
「みんな綺麗になりたいのでしょうね」
と言ったら
「違うかも」
との答え。

要請は
美しさ
ではなく
楽したい
とのこと。

女性にとって、脱毛というのは、なかなかの強敵らしい。
剃ると肌にも負担がかかるし、何より広範囲で面倒とのこと。
(よくよく考えると、男性の髭脱毛も基本は同じ視点である。)

つまり、表面上の相手の要望と、根本的な要望は違うかもということである。

翻って、自分の仕事への要望は何か。

学級担任という立場の場合、次の3つが直接の要望者である。

1 子ども
2 保護者
3 同僚

ここに、より大きな要望者として
社会
が入る。
(社会の要請の上で、すべての仕事は存在する。)

今日、これら三者からそれぞれ何かしら要望が来るはずである。
何を求めているのか。

速さなのか
質なのか

楽しさなのか
困難な課題なのか

癒しなのか
厳しさなのか

自由なのか
安全なのか

根本を外した対応をしていないか、振り返る必要がある。

荒れる大人にも受けの美学

成人の日と関連して、「受けの美学」の話。 全国各地で成人式が開かれた。 大人になったことを祝う日である。 大人になるとは、自分で責任がとれるようになるということ。 大人になるとは、与える人の側に回るということ。 喜ばしいことである。 歓迎である。 再三述べて...

ブログ アーカイブ