2018年5月23日水曜日

保護者と学級担任のリスペクト関係

保護者と担任が、互いをリスペクトすることについて。

ここに関しては、担任の側から先にはたらきかけることが大切である。
上っ面ではいけない。
心から思うことが大切。
それには、やはり知識が前提になる。
「自分が知らないことを相手は知っている」という、「無知の知」である。

担任が知らなくて、保護者が知っていること。
その最たるものは、子どもそのもののことである。

担任は、「学級」という集団単位での知識に関しては長けている。
しかし、「〇〇さん」という個人に関していえば、到底その親に及ぶはずがない。
接している時間が桁違いである。
また、これから接していく時間も、桁違いである。

担任は一年、ないし長くて二、三年のほんの一時期しか一緒にいられないが、保護者は一生の付き合いである。
覚悟が違う。
だから、教育の方針は、保護者優先である。
こちらの教育方針を示しつつも、個人に関しては、可能な限り家庭の側に寄せる。
(ここに関しては、拙著『切り返しの技術』にも詳しく書いた。)

最もわかりやすい例を挙げれば、宗教。
「豚肉を食べない」という宗教をもつ家庭の子どもに対し、豚肉の入った給食を食べさせる学校はない。
そこに合わせるのが当然である。
一方で、「だから豚肉は全校の給食に一切出さない」とはならない。
それは、全体の利益を損なう。
「豚肉を食べさせたい」という家庭の方針を排することにもなる。
だから、あくまで、個人への個別対応である。
アレルギー対応と同じである。
それが全体の方針を示しつつ、個人に寄せるということである。

あくまで、各家庭の教育方針を尊重する。
ここまでその子どもを育ててきたという事実に尊敬の念を抱く。
実際、自分で一人の子どもを育てるとなると、相当な困難が予想される。
そこに関してリスペクトの気持ちをもつということである。

大体、私は家に関する大部分をパートナーに任せて仕事に思い切り打ち込ませていただいている以上、家庭の子育てに関してあまりどうこういえない。
休日にいい顔して、子どもが寄ってきて、「いいとこどり」していると思われても、仕方がないと思っている。
母親としての生みの苦しみも一生知れないし、母親なりの本当の苦労、心労も、喜びもわからないと思う。

どの家庭にも、その家庭なりのストーリーがある。
苦労も喜びも、千差万別である。
つまり、それぞれの保護者は、確実に「私の知らない世界を知っている」のである。

子育てに関しての知識自体なら、インターネット上に溢れている。
だから、「こうすればこうなりますよ」と言うこと自体はできる。
しかし、所詮、一般論である。
10人中1人当てはまれば、当たっている方ではないかと思う。
(以前、「幼児にも割れる食器を使いましょう」という記事でも書いた。
「食事の度に毎度割られてたまるか」というのが我が家の本音である。)

今の時代は、玉石混淆、様々な情報が無料で手に入る。
親の側が学校教育に関する「知識」を得られる機会が無限にある。
教師の側にも、家庭教育に関する「知識」を得られる機会が無限にある。

そして巷に溢れる情報は
「こういう風に育てればこうなる。」
「こういう子どもになるのはこういう育て方だから」
というものが大半である。

それが成立しないことは、当事者にしかわからない。
「我が子が言うことをきかないのはしつけが悪いから」
「落ち着きがなく乱暴なのはしつけのせい」
ということになる。

そんなはずがない。
同じように育てていても、「種(たね)」が違うのだから、同じものが咲くはずがない。
向日葵の種を薔薇だと思って育ててもうまくいくはずがない。
同じ花からとれた二種類の種でも、同じように育つはずがない。
みんな、そここそが「個性的」なのである。

「個性を生かす」というが、「個性は生きる」というのが持論である。
同じような条件下で育てていても、違いが出てくるのが個性。
むしろどんなに潰そうとしても、潰れないのが個性。
ルールは一律・一定にしている上で、なお違う結果が出てくるというのが個性という実感である。
兄弟を育てれば、なおよく実感としてわかることである。

そんな「個性的」な子どもを、悲喜こもごも、保護者はここまで育ててきたのである。
宝物を、預けてくださるのである。
そこへの感謝なくして、学級担任の仕事は有り得ない。

学級には、色々な子どもたちがいる。
どの学級でも、担任は、大変な思いをするだろう。
しかしそれは、保護者も大変な思いをしているのである。

結論、保護者は、担任と苦労を共にする仲間である。
担任は保護者へのリスペクトの気持ちをもって事に当たりたい。

2018年5月21日月曜日

学級担任の「一日の長」

学級懇談会があった週に書いた記事。
次の本から引用する。

『最高の学級づくり パーフェクトガイド 指導力のある教師が知っていること』
赤坂 真二 著 明治図書
https://www.amazon.co.jp/dp/4181695158
============
(引用開始)
先ほども言いましたが、学級崩壊前の子どもたちは、学校に来ると児童・生徒になりました。
役割にはルールが伴います。
したがって、児童・生徒としての行動は、学校が、子どもたちに与えたルールであるとも言えます。
皆さんも、素の自分と教師である自分は、異なっていると思います。
(引用終了)
============

端的に言って、学級崩壊という言葉が登場する前の時代では、児童・生徒という立場のルールが成立していたといえる。
素の自分はどんなにやんちゃであっても、児童・生徒としての振る舞い方があったということである。

一昔前は、親が「先生の言うことをききなさい」で子どもを送り出してくれたことは何度も述べた。
つまりそこには一つのルール、前提があった訳である。
「児童生徒は先生の言うことをきくもの」
という前提である。
(「親と先生はおっかない」という前提でもある。)

今の時代、この前提があると思って指導をすると、当然破綻する。
捉えている前提が間違っているからである。
時代が違えば指導法が変わるのは当然である。

では、なぜこうなっていったのか。
一言で言うと、教師に対する「尊敬」の念が失われたことにある。
尊敬の念は、相手に対して「すごい」と認める時に発生する。

例えば、子どもが教師に対する「尊敬」の念を抱く瞬間の一つは、授業中である。
知的好奇心を刺激する授業。
できずにくじけそうになるところを励まし、導くような授業。
「授業がおもしろい!」と感じ続けることで、少しずつ築かれていく。

教師の仕事の本質は、学力形成。
すなわち授業。
つまりは、尊敬のポイントの一つが「知的権威」である。

親に対してもこれはいえる。
親から見て、「知的権威」があるという状態が望ましい。
平たく言うと「私は知らないが、相手は知っている」という状態である。

学問は先生任せ、という時代ならこれは成立する。
しかし今の時代、学問に関しては、親の側も知識が豊富である。
学問の話だけだと、分が悪いことも多い。

「教育」という大きな分類で考えると、家庭教育も子育ても学校教育も含まれる。
だから、教育全般で語ろうとすると、分が悪い。
情報化社会の今、インターネットを検索すれば、いくらでも「情報」や「知識」は手に入る。
「子どもは褒めて伸ばすものです。」「怒らない方がいいですよ」
などとしたり顔で言われても、情報も知識も経験もある親からすれば「そんなことはわかってる」と思われるのがオチである。

担任側に分があるとしたら「学級担任としての経験」だけである。
時に傷つきながらも、子ども集団と共に前進してきた経験がある。
うまくいったことも、うまくいかなかったこともある。
そういった経験は、インターネット上の情報とは全く質が違う。
そこにだけは、プライドをもってよい。

「知的権威」を確立できるポイントがあるとしたら、そこである。
机上の空論でなく、事実で語る。
その経験と知識は、同職の親でない限り、絶対にもっていない。
確実に「一日の長」がある。

親に対しての知的権威が確立した時、その真の受益者は子どもである。
「先生の言うことをききなさい」ということになり、児童・生徒の立場というルールが成立し始める。
役割とルールを自覚した上で生活できれば、安定し、力もつく。
至極単純な話である。

ところで、初任者はどうすればいいのか。
これは、「知らないことも多い」という前提で、それでもプロとして努力していくという姿勢を伝えるしかない。
経験がない内に大きな話はできない。
できないなりに謙虚に学ぼうという姿勢が伝われば、大抵の人は温かく見守ってくれるものである。
心ある親なら「先生の言うことをききなさい」ということになる。(はずである。)

ただし、これだけでは、足りない。
教師の側だけが「尊敬」を得ようとしても、ダメである。
ここから互いの「リスペクト」に至るには、互いを認める必要がある。
つまり、教師の側から、親の側への尊敬の念である。
むしろ、「主体変容」ということを考えた時、こちらの方が先になる。

ここについては、長くなったので次号。

2018年5月14日月曜日

周りの支えがあってこそ

今年度は、一年生の担任である。
入学式も、いつもと違う立場で参加させていただいた。

学んだこと。
それは、自分の力では全く成立しないということ。

会場設営から教室の飾り付け、各種用具や配付物の準備まで、すべて他力である。
何から何まで、事細かにやってもらった。
有り難みを感じると同時に、自分が何もできないことを感じた。

これでも、教職は17年目である。
担任としての仕事は、ある程度までわかっているつもりだった。

わかってないのである。
知らないところの仕事が多すぎる。
比喩とか冗談ではなく、本気で新任者の気分である。

入学式後の翌日は、各種提出物ラッシュだった。
「出し方」も知らないところへ、紙の山。
そして、質問&お話攻め。

「筆箱はしまうの?」
「ノートはしまうの?」
「先生、私ね、」
「筆箱はしまうの?」
「あのね、僕ね、」
「筆箱の中の鉛筆削ってきたよ」
「クーピーはどこで削るの?」
「筆箱は?」
「あのね、弟がね…」


聖徳太子を心から尊敬した。
十人いっぺんの音声とか、無理。

笑顔で、とりあえず紙類は全部受け取っておいたが、質問は止まらない。

そこで、サポートの先生である。
ヒーロー見参。
同僚が、神様に見えた。

バタバタだが、子どもたちは本当にかわいい。
そして「真っ白」である。
一つずつ、ゆっくり色をつけていく。
(ちなみに、低学年のスペシャリスト、宇野弘恵先生のご著書からの言葉である。)

初任者が音を上げるのもわかる。
切り返しの対応の術と、入念すぎるほどの事前準備が必要である。
学年団はじめ周りの人々の支えなくして、成立はない。

何はともあれ、新鮮な日々である。
今年度は、今までとは少し角度もカラーも違う話題が提供できることと思う。

保護者と学級担任のリスペクト関係

保護者と担任が、互いをリスペクトすることについて。 ここに関しては、担任の側から先にはたらきかけることが大切である。 上っ面ではいけない。 心から思うことが大切。 それには、やはり知識が前提になる。 「自分が知らないことを相手は知っている」という、「無知の知」である。...

ブログ アーカイブ