2019年10月20日日曜日

教育に競争を持ち込まない

学校教育における「競争」について。

先に結論を述べる。
学校教育に競争を持ち込むと、ろくなことにならない。
メリットより害悪の方がはるかに多い。
なぜなら、競争は協働の力を削ぐからである。

ちなみに、教員評価制度もこれである。
一緒に働く仲間同士に誰かの視点で優劣をつけられると、うまく協働できなくなる。
損得勘定で働くことになり、結果的に評価につながらない損な役回りは誰もしなくなり、学校は荒れる。
要は、教育現場なのにアメとムチで人を動かそうということであり、退廃はわかりきったことである。
(「目立つ」子どもをよくほめる、叱る教師の学級が荒れるのと同じ原理である。)

競争は「相手より優位に、上に立つ」ことを目標とする。
1位が一番良いし、人より先んじることが善である。
最下位が最も劣る評定で、人と比べて遅れることが、そのままマイナス評価になる。

ここまで書いていることだけでも、教育の現場に全く馴染まないのがよくわかる。

ちなみに競争の象徴であるかのような部活動指導も、優れた指導者は競争原理ではなく、協働の原理を上手に使って導いている。
だから、チームの雰囲気が、誰に対しても本当にいいのである。
ただ強さだけを求めるチームは、差別やいじめがあるなどして、チーム内がぎすぎすしているはずである。
(競争は、ランキングというその性質上、必ず差別化を含む。)

健全な競争は、企業間にとっては有効に働く。
企業間競争が、顧客にとってのサービス向上にもつながるのも事実である。
(ただしこれが値下げ競争の形をとると、サービスの質の低下にもつながる。)
しかし、市場原理の多くは、教育には馴染まない。

なぜなら、学校にとっての顧客とは、子ども全員、一人一人だからである。
A君が1位でZ君が最下位、というような見方では、全員を「良く」したことにならない。
教育は「常時善導」であるべきで、自尊感情を損なうことは「悪導」(注:松尾造語)であり、マイナスである。

これは、例えば「叱ってはならない」ということではない。
叱ることによって善導もできるし、「悪導」にもなる。
ほめることも同様である。

この叱る・ほめるを、競争として使わないというのは、重要にして最もできていない部分である。
何かが人よりできたからほめる。
勝ったからほめる。
成功したからほめる。
何かが人よりできないから叱る。
失敗したから叱る。
負けたから、叱る。
結果を、他人と比べる。
全て、激しくマイナスである。
(だから、通知表を互いに見せるような行為は、厳に慎むべきこととして教える。ここは親同士も同様である。兄弟間も×である。)

特に、世間の一部で「ほめる」を手放しにプラスに捉える傾向があるので、要注意である。
以前も書いたが「100点をほめる」と、子どもはどんどん追い詰められる。
(参考:プレジデントオンライン記事「100点答案」を褒めると勉強嫌いになる)
https://president.jp/articles/-/22234

叱るのは、人の道として誤っていると思うから叱るのである。
(怒るのは、感情的に気に入らないから怒るのである。人間同士の教育だから、それもある。)
ほめるのは、(上の立場から)相手の努力といった人間性に対して心からの賞賛、拍手を送りたいから、ほめるのである。
単なる結果でしかない点数をほめるのとは、全く違う。

勉強とは、競争ではない。
勉強とは、たゆまぬ自己研鑽である。
受験はどうだというかもしれないが、あれも根本は自分とのたたかいである。
結果はすべて自分を高めた結果であり、周りとの比較など本来関係ないはずである。
(とる側が合格して欲しいと思うような人間は、誰と比較しなくてもわかる。)

同じ方向を見つめる仲間と、競争ではなく協働して「切磋琢磨」すればいいのである。
「受験競争」でマウンティングしたり、相手を貶めたりする必要はない。

学級での些細な言動、あるいは授業の中で、ちょっとした競争をさせてしまっていないか。
それによって、ぎすぎすした人間関係を築く「悪導」をしてしまっていることを見過ごしていないか。

学級で協働がうまくいかない根本的な原因を、そういった行為が作っている可能性がある。
特に、親や教師といった大人が、他者より優れたい、自分だけが得したい、という思いがあると、それは子どもに移る。
教育において、競争原理の扱いについては、十分注意したい。

2019年10月16日水曜日

言葉遣いは、ゆるがせにしない

前号に続き、子どもへの礼儀指導について。

多様性への歓迎は重要である。
しかしそれは、礼儀の指導をしなくてよいということではない。

この二つは、相反する要素ではない。
どちらも、他者と協働して気持ちよく生きていくためのものである。

「自由」と「放縦」を勘違いしている場合がある。
大人にも子どもにもある。
特に、教える立場にある人がここを間違えていると、とんでもないことになる。

「礼儀指導」などというと、作法から始まり無数に考えてしまうが、要点を外さないことである。

根本・本質・原点で考える。

礼儀は何のためにあるか。

ずばり、相手を尊重する態度を示す、グッドコミュニケーションのためである。
そして、人を不快にしないためである。
それが、我が身を助ける結果となる。

親は、教師は、どこを確実に指導すべきか。

二十年に満たない教員経験による私見だが、肝は「言葉遣い」であると感じている。

どういうことか。

何をしてもらうにも「ありがとうございます」の一言が出る子どもがいたとする。
(「ありがざす」でも「あざーす」でもない。明瞭にである。)

この子どもに、プリントでも何でもいいからものを渡すと、何も言わない子どもよりも、両手で受け取る確率が高い。
「頂く時は両手で」という礼儀が同時に身についているのである。
家庭教育のせいなのかなぜかは知らないが、実態としてそうなのである。
当然、「どうぞ」と相手に渡す時も両手になる。

小学校高学年になっても、目上の相手に横柄な言葉遣いで話す子どももいる。
低学年であっても、丁寧な言葉遣いで話す子どももいる。
初対面であれば、それら子どもの印象は、それぞれ確実に決まる。
大人の側が、どちらを助けてあげたいと思うかである。

そしてどちらも、子どもの性質ではなく、大人がどう接してきたかで決まっている。
「不遜・不敬な子ども」を作るのは、間違いなく親と教師の両者である。

自閉症スペクトラムなどのコミュニケーション上の発達障害も考えられるので、言葉遣いだけで一概にはいえない。
ただ、基本的には、そう見られるというだけである。

礼儀指導は、無数にあって、全部教えるのは本当に大変である。
せめて言葉遣いだけは、「揺るがせにしない」教えるべき点として、身に付けさせてあげたい。

2019年10月14日月曜日

訓導して厳ならざるは師の怠りなり

教育実習で話したこと。
教えるべきは教えるということについて。

子を養いて教えざるは父の過ちなり
訓導して厳ならざるは師の怠りなり

毛涯章平先生という、長野県の先生のお話から知った言葉である。
『古文真宝』という中国の書物にある言葉だという。

教育において、ゆるがせにしないこと。
それは「教えるべきは教える」ということである。
まして、師という立場にあるのならば、厳として教える、ということである。
それをしないのは、怠け、怠りであるというお叱りの言葉である。

思えば、他人に対し、甘い、「優しい」というのは、楽である。
だから「大好き」となりやすい。
(「 」書きにしたのは、それが本来の意味とは異なるからである。)

これは、相手に媚びている姿勢である。
厳しいことを言わなければ、嫌われる心配もない。
「仲良しこよし」「友達親子」みたいな関係でいたら、楽である。

しかし、何のための師なのか。
その役目なら、本当の友達で十分である。
厳として導いてくれるからこそ、我が子を師の元へ修行に出す意味がある。

例えば職人のような専門家であっても、我が子に教えるのは難しい。
一度外に修行に出すのが常である。
「厳に訓導」してくれるからである。

これは師の野口芳宏先生の言葉だが、子どもへの教えは「常時善導」である。
学校に来て、来る前よりよくなって帰らないと意味がない。
教えるべきをきちんと教えたのかということが問われる。

教えることの「いの一番」にあげるべきが、礼儀である。
なぜなら、これは教わらないと「未知」になるからである。
知らないことは、できっこない。

礼儀は、考える余地を与えない。
文化ごとの決まり事、ルールだからである。
例えばある国では「内ポケットに手を入れない」というのは、命に関わるマナー、礼儀である。
(拳銃を出すと誤解され、撃たれる可能性がある。)
そんなこと、教えてもらわなければわかるはずもない。

だから、礼儀は確実に教えないといけない。
それで将来的に恥をかいたり苦労をするのは、教わらなかった子どもである。
実習生に対しても同様で、実習指導教官がそこにいい加減だと、後でとんでもない恥をかいたり、苦労したりする可能性がある。

成人している相手にあれこれ口うるさく言うのは、億劫である。
それでも素直な相手ならまだいいが、全員がそうとは限らない。
反抗されたりふてくされたりされたら、誰でも嫌になる。

それでも厳として教えるというのが、本来の「師」の姿である。
伝え方も大事であるが、言うべきを言わないというのは一番いけない。
それは、職務上の極めて重大な責務である。

これは本来、保護者に対しても同様である。
それが子どものためであれば、言うべきを言う。
しかし、保護者は、人によっては、より言いにくい。
先の例のように「教える、教わる」の関係にないからである。

誰に対してもそうだが、保身に走れば、確実にお茶を濁す形になる。
そこを、どう越えるか。
言うべきを言う。
教師という職務への信念・教育観といったものが試される部分である。

教育に競争を持ち込まない

学校教育における「競争」について。 先に結論を述べる。 学校教育に競争を持ち込むと、ろくなことにならない。 メリットより害悪の方がはるかに多い。 なぜなら、競争は協働の力を削ぐからである。 ちなみに、教員評価制度もこれである。 一緒に働く仲間同士に誰かの視点で優劣...

ブログ アーカイブ