2011年2月3日木曜日

「命の授業」

先日、腰塚勇人氏の講演を聴いた。
元中学の体育教師で、事故により首から下が動かなくなってしまい、そこから復活した驚異的な人物である。
昨年、フジTVの「奇跡体験アンビリーバボー」にも出演している。
まさにアンビリーバボーな人物である。

「命の授業」というタイトルの7分間の動画がユーチューブ上にある。
それを冒頭で視聴し、講演が始まるというものだった。
講演の内容が濃すぎて書き切れないが、その中で学級で即使える話を一つ。
「自信」とは「『自』分のことを『人』に『言』う」こと。
(『信』=『人』+『言』)
自分を表現できるか。
夢を人に語れるか。
子どもに自信をつけさせたいものである。

また、自分は子どもの「ドリームメーカー」か「ドリームキラー」かという話も印象深かった。
多くは後者になりがちである。
「そんなことできる訳ない」「現実を見て」「あなたのためを思って言ってるの」
どれも、夢を殺す言葉である。
気をつけたい。

書き切れないので、早い話、腰塚氏の講演を聴きに行った方がいいと思う。
とりあえずは、動画を見るだけでも勉強になる。
腰塚勇人オフィシャルサイト(PC用)http://www.inochi-jyugyo.com/
(なお、このブログ右側にも同サイトのリンクが貼ってある。)

自由な学級=選択の幅が広い学級

以前の「自由市場と政治の原理 学級経営への応用」の記事について、 アメリカ在住の読者の方から、感想をいただいた。 読者の皆様にとっても大いに参考になると思ったので、紹介する許可をもらった。 以下、メールより引用する。 ================ (引用開始) ...

ブログ アーカイブ