2011年2月6日日曜日

「めざす」と「がんばる」の違い

久々に仕事術の話を一つ。
残業が常態化しないようにする話を。

(以下、「人生のプロジェクト」 山崎拓巳著 サンクチュアリ出版 より引用)
「めざす」と「がんばる」は違う。
「がんばっている」が「めざしていない」ときがある。
この違いは見分けにくいが、大きく違う。

「めざす」とは”目標と期限”が明確で、
その達成のために、意思を持って行動することである。
(中略)
最小の努力で、最大の結果を出すために。
すべてはめざすことからはじまる。
(以上、引用終了)

この話を「ノー残業」に当てはめてみる。
要は、「定刻までにこれとこれを終わらせる」と心に決めることである。
「必」という字は「心」にくさびを打ち込んだ字である。
「必ず」終わらせると「心」に決めるのである。
決めたら、目標に向かって全力を尽くす。
途中、おしゃべりをしているヒマはない。
「意思を持って行動する」のである。
もし、終わらなかったら?
私は多くの場合、その時点で終了する。
一番大事な2割の部分は、終わっているはずである。
それでも「まだ残れる」と自分に甘くすると、常態化する。
それは「がんばっている」気にはなれるが、「めざせ」ていない。
この意識の差が、仕事の速度につながる。

自由な学級=選択の幅が広い学級

以前の「自由市場と政治の原理 学級経営への応用」の記事について、 アメリカ在住の読者の方から、感想をいただいた。 読者の皆様にとっても大いに参考になると思ったので、紹介する許可をもらった。 以下、メールより引用する。 ================ (引用開始) ...

ブログ アーカイブ