2011年2月5日土曜日

子どもの力を信頼する

赤ん坊は、ほとんど何もできない。
寝っ転がって、泣きわめくことしか、自分を表現できない。
笑うことすらしない状態で生まれてくるのである。
それが、日を追うにつれ、だんだんできることが増えてくる。
母親としては、手取り足取り育ててきている訳である。
何もかも、心配でならないだろう。
4月、1年生を見送る母親の目に涙が光る訳がわかる。

しかし、子どもは成長している。
昨日できなかったことも、今日はできるようになっている。
子どもは、毎日「できないこと」「新しいこと」にチャレンジしているのである。
それを見守り、邪魔しないのが、周りの大人の役目である。

一番悪いのが、親や教師が先回りして勝手に判断したり、失敗させないようにすること。
小さな親切、大きなお世話である。
成功体験の大切さは分かる。
しかし成功の反対は失敗ではない。
成功の反対は何もしないことである。
挑戦を避けることである。

子どもの力を信頼して、どんどん自分でやらせよう。
挑戦する意欲を持つような環境を整えることが大人の役割である。
機会を設けてやれば、あとは自分でやる。
きめ細やかに指導したって、たかがしれてる。
自分で学ぶ者だけが、成長する。
それしか、成長の方法はない。

働き方改革と個人の価値観

前号に引き続き、学校での働き方改革を考える。 職場を思い浮かべれば、ばりばりやる人、ほちぼちの人、あるいはそうでもない人もいるかもしれない。 毎日夜遅くまで残業している人、定時で帰る人、短時間勤務の人、色々いる。 いつでも精力的でばりばりやる人、決められたことを自分のペー...

ブログ アーカイブ