2011年2月8日火曜日

授業組み立てのパーツ

授業はパーツを連続させて作る。
まあ、ガンダム等のプラモデルを作ったことのある人なら分かる。
頭のパーツ、胴体、手足、武器。
どれが抜けても、未完成品である。
どの順番で作ってもいいのだが、基本はある。

全教科共通のパーツを意識した授業組み立ては、次のように考える。
1シンプルで楽しい活動(仲間との交流があればなおよい。)5分
2中心教材に取り組むための補助的な学習5分~7分
3中心教材への取り組み20~25分
4発表活動・学びの共有化5~10分
5振り返りとまとめ2~3分
6おまけのゲーム2~3分

全てがこのようになっている必要はないが、これを基本に考える。
具体的に、教科別にはどのようにするのか、次号以降で紹介する。

働き方改革と個人の価値観

前号に引き続き、学校での働き方改革を考える。 職場を思い浮かべれば、ばりばりやる人、ほちぼちの人、あるいはそうでもない人もいるかもしれない。 毎日夜遅くまで残業している人、定時で帰る人、短時間勤務の人、色々いる。 いつでも精力的でばりばりやる人、決められたことを自分のペー...

ブログ アーカイブ