2012年10月13日土曜日

荷物がしたことも自分の責任

最近読んだ本で、この言葉を見つけた。
なかなか、いい言葉である。

クラスで、机の周りがぐちゃぐちゃの子どもがいる。
机の横に、縄跳びなど紐状の物がかかっていることがある。
すぐにやめさせる。
これに足をひっかけて、転んで大けがをするという例が多々ある。
緊急時にこんなことになったら、しゃれにならない。

私は実際、あの東日本大震災の時、教室に子ども達といた。
避難しようとした時、自分の席でもたついている子どもがいた。
何と、防災頭巾がとれないのである。
普段からぐちゃぐちゃにつけていたので、絡まっている。
その時は私が駆け寄っていって、ゴムを引きちぎった。

一人だったからまだ良かったが、これが何人もいたらたまらない。

こんなことは、あってはいけない。
このご時世、防災頭巾一つにも気を配りたい。

「荷物がしたことも自分の責任」と思えば、やたらに物を扱えないし、放置できない。
体育倉庫や職員室とて、同様である。
普段から整理整頓を心がけ、場を清めたい。

自由な学級=選択の幅が広い学級

以前の「自由市場と政治の原理 学級経営への応用」の記事について、 アメリカ在住の読者の方から、感想をいただいた。 読者の皆様にとっても大いに参考になると思ったので、紹介する許可をもらった。 以下、メールより引用する。 ================ (引用開始) ...

ブログ アーカイブ