2012年10月23日火曜日

目標を忘れないようにするには?

一生懸命考えて作っても、忘れられがちなのが目標である。
忘れないようにするにはどうすればいいのか。

「よく見える位置に掲示する」という方法が多いと思う。
しかし、見慣れると風景と化すため、意外と効果がない。
(例えば、職員室前方にはってあり、毎日眺めているはずの学校教育目標が言えるだろうか。)

要は、毎日振り返ったり確認したりできるような仕組みにすればいい。
日々の日課として、システム化すれば確実である。

今年度の朝の会のメニュー。
あいさつの次は「学級目標、生活目標唱和」である。
こうすると、労せずして暗記できるぐらいになる。
朝の最初の声出し&意識付けにもなる。
これをした上で、授業等で途中にも学級目標に返る話をする。

個人目標を机に貼る手法を以前紹介した。
私の学級では、毎日帰りの会の3分間日記で振り返りをするというシステムをとっている。
これで、確実に目標を意識して振り返れる。

目標が絵に描いた餅になっている方の参考になればと思い、紹介してみた。

働き方改革と個人の価値観

前号に引き続き、学校での働き方改革を考える。 職場を思い浮かべれば、ばりばりやる人、ほちぼちの人、あるいはそうでもない人もいるかもしれない。 毎日夜遅くまで残業している人、定時で帰る人、短時間勤務の人、色々いる。 いつでも精力的でばりばりやる人、決められたことを自分のペー...

ブログ アーカイブ