2012年10月7日日曜日

小さい声は失礼

サークルでの野口氏からの学びをシェアする。

以前にも少し書いたが、声が小さい子どもへの指導である。

声が小さいのは、ある程度まで仕方ない。
ただ、教えておきたいことは、「小さい声は失礼」ということである。

なぜか。

これは、相手に「一生懸命きけ」という態度だからである。
「自分の声が小さいのは仕方無い」だから「その分あんたが頑張れ」ということである。
逆に、怒鳴るような大きすぎる声も、無理矢理きけという態度で、やはり失礼である。

自分がどう思っているかではない。
相手がどう思っているか。
話す側、聴く側のお互いが、思い遣る気持ちを持つことである。

「聞こえる声で話しなさい」と遠慮せず堂々と指導する。
そして「みんな、一生懸命聴くから」と付け加える。
言葉は「言霊」が宿るのだから、大切にしていきたい。

自由な学級=選択の幅が広い学級

以前の「自由市場と政治の原理 学級経営への応用」の記事について、 アメリカ在住の読者の方から、感想をいただいた。 読者の皆様にとっても大いに参考になると思ったので、紹介する許可をもらった。 以下、メールより引用する。 ================ (引用開始) ...

ブログ アーカイブ