2012年8月12日日曜日

生徒指導の本質

生徒指導についての研修会に参加してきた。
様々な事例に触れることができ、大変勉強になった。
みんな、悩んでいるのである。
そして、どのクラスでも大変な子どもが必ず数人いることがよく分かった。

生徒指導の本質を一言で言うと何か?

友人と話した結果、「受容」だろうということになった。

無茶苦茶悪いことをする。
当然叱る。
何らかの「懲戒」を加えることも権利として認められている。
しかし、最終的に、教師にとって「許す」以外の選択肢はない。

教師は、子どもと離れる訳にいかない。
いかな悪ガキであろうと、自分が担任している大切な子どもである。
他業種と違い、顧客を選ぶこともできない。
(これは、一方で子どもの側からも同様である。)

どんなに悪いことをしても、「信じている」と告げるしかない。
そして、良くなることを信じるしかない。
受け容れるしかない。
相手の人生を背負うことはできない以上、それ以上のことはできない。

叱るべきは叱る。
しかし、相手を信じ、受容する。

受容の「受」は受ける、「容」は容器。
受け入れる自分自身の器を大きくしていくことであると解釈した。

働き方改革と個人の価値観

前号に引き続き、学校での働き方改革を考える。 職場を思い浮かべれば、ばりばりやる人、ほちぼちの人、あるいはそうでもない人もいるかもしれない。 毎日夜遅くまで残業している人、定時で帰る人、短時間勤務の人、色々いる。 いつでも精力的でばりばりやる人、決められたことを自分のペー...

ブログ アーカイブ