2012年8月26日日曜日

「まずは、人気の先生になろう!」

先日、同期で単著を出版した人がいる。
当然、本人に直接会って購入した。
昼食を取りがてら色々話をきいた。
そして、この本が相当にいいので紹介する。

「まずは人気の先生になろう!」飯村友和著 明治図書

正直、やられた感である。
同期の人にこれだけのものを作られると、正直凹む。
読みやすい&すぐ使えるものばかりである。
飯村氏が「人気の先生」であることがうなずける。

巻頭の一節に、ドキリとした。
「好かれようが好かれまいが関係ない。
教師として、生徒であるこの子たちに必要な教育をするだけだ。」
そして、この考えが、何か違うと感じはじめる。
全くの、同感である。

別に同期の仲間だから宣伝した訳ではない。
単に本当にいい本だから紹介した。
(嘘をつくと、自分の評判が落ちるだけである。)
レベルアップをはかりたい人は、購入をお勧めする。

働き方改革と個人の価値観

前号に引き続き、学校での働き方改革を考える。 職場を思い浮かべれば、ばりばりやる人、ほちぼちの人、あるいはそうでもない人もいるかもしれない。 毎日夜遅くまで残業している人、定時で帰る人、短時間勤務の人、色々いる。 いつでも精力的でばりばりやる人、決められたことを自分のペー...

ブログ アーカイブ