2016年12月27日火曜日

ノイズキャンセリング

前々号の続き。
雑事にとらわれていると、小さな大事に気づけない。
雑事とはいわゆるノイズである。
周囲の声ともいえる。

本当に自分がやりたいことは何なのか。
あるからやるとか、仕方なくやるとか、きまりだからやるとかしていると、どんどん頭が硬化していく。

授業でも同様。
教科書にある内容であっても、やりたいことはあるはずである。

今日という日に、学校で、何を本当にやりたいのか。
日々の価値を考えて過ごしたい。

「捨てる」人間関係を考える

「捨てる」において、最も難しいのは、人間関係におけることである。 付き合いを捨てられないで、過剰な気遣いで苦しむ人も多い。 人間関係において、捨てると捨てないの基準は何か。 これは、自分なりでいいのだが、シンプルに設定しておく。 絶対捨てられないものをまず考える。 ...

ブログ アーカイブ