2016年12月11日日曜日

言ってる割に

お酢や醤油、ラー油など、家の調味料関係がいっぺんに切れた。
不思議なもので、なぜかこういうのはいっぺんにくる。

そこでガラス瓶についたラベルを剥がそうとするのだが、これが手強い。
紙のラベルがべったりとくっついて、一向に剥がれないのである。
水で洗い流しながらやってもダメ。
しかもこれが、立て続けに3つ続く。
正直、ちょっと大変である。
飲料水ペットボトルみたいにプラスチックラベルなら楽なのだが、全面に張り付いた紙だと厳しい。

「ラベルはきれいに剥がして捨てる」を求めるなら、剥がれやすいラベルにして欲しい。
剥がしにくいラベルのままであれば、消費者が剥がさないでゴミに出す確率は格段に高まる。
消費者の努力だけでなく、企業の側も工夫すべき部分ではないだろうか。
(市によっては強力な水流等で吹き飛ばすので、ラベル自体剥がさないでいいところもある。)

ここに限らず、こういうことは、学校現場でも結構多い。

「集中しなさい」という割に、前面にごちゃごちゃと掲示物等、気の散るモノの数々。
「話を聞きなさい」という割に、話が長い&わかりにくい&つまらない。
「廊下は走らない」というものの、走りたくなるぐらい開放的な渡り廊下。(しかも実は自分も走っている。)
「もっと積極的に手を挙げて」という割に、回答を間違えると結構手厳しい。

まあ、大体「〇〇しなさい」と正しいことを言ってるつもりの時は、本人が工夫できていないものである。
ブログやメルマガでも同じ。
結構断定的にものを言っている時は、私自身が工夫できていないことが多い。
自戒を込めて、どんな「〇〇しなさい」が多いか、チェックしてみると色々見えると思った次第である。

一律の宿題は、いらない

宿題の話。 例えば夏休み、学校では、どれぐらいの宿題が出た(または出した)だろうか。 教師の側からすれば「山ほど出した」という人は少ないと思う。 なぜなら「山ほど」かどうかは、受け手が感じることだからである。 「子どもの負担を考えて、少なめにしました」という人でも、相当...

ブログ アーカイブ