2013年3月7日木曜日

掃除は一点集中でうまくいく

教育者研究会の学びシェアシリーズ第3回。

今回の学びは、講師の一人、松岡浩社長から。
株式会社タニサケという、殺虫剤の会社の社長である。
「日本一の知恵工場」と社員全員が胸を張る、年商7億円の超優良企業の社長である。
130万部を越えるベストセラー「ゴキブリだんごの秘密」の著者でもある。
全国の新幹線には、このタニサケの「ゴキブリキャップ」が配置されているという。
売り込みのプロでもある。

「金儲けの天才」であるが故に、道徳心を磨くことを「意図的に」行っている。
(ぼーっとしていると、つい金儲けのことを考えてしまうそうである。)
具体的な行為として、「トイレ掃除」を欠かさない。
二年前に同じ会で講師をしたイエローハットの鍵山秀三郎社長と同じである。

更に、「日本一床がぴかぴかの工場にしよう」と、社員みんなで床磨きをする。
何と、一日四回も磨くという。
ちょっと、普通にきくと、異常なほどである。
しかし、この一点集中が、成功の秘訣である。
床がきれいになると、みんな壁の汚れが気になり始める。
床→壁→天井→蛍光灯→・・・と目が移り、連鎖的にきれいになるそうだ。
見学者が入るのをためらうぐらい、ぴかぴかの工場だという。
うまくすれば、学校にも応用できそうな話である。

松岡社長からの掃除についての学びを、次号もシェアする。

働き方改革と個人の価値観

前号に引き続き、学校での働き方改革を考える。 職場を思い浮かべれば、ばりばりやる人、ほちぼちの人、あるいはそうでもない人もいるかもしれない。 毎日夜遅くまで残業している人、定時で帰る人、短時間勤務の人、色々いる。 いつでも精力的でばりばりやる人、決められたことを自分のペー...

ブログ アーカイブ