2013年3月11日月曜日

掃除と人物の大きさの相関関係

今回も「ごきぶりだんごの秘密」の松岡会長のお話のシェアを。

松岡会長は、毎日社員用トイレの掃除をする。
床も磨くし、とにかく「日本一キレイな工場」を目指して掃除している。

ところで、どこまで掃除をするのか、ということである。
工場内は当然やる。
工場の外の敷地も、自分の敷地だから当然やる。
松岡会長のちょっと違うところは、工場の周辺までやってしまうところである。

「自分の会社をキレイにするのは、当然のレベル。
この周りのところまでやって、初めて人に誉められる。」
ということである。
つまり、「期待以上のことをする」というのが、ポイントである。

さらに「人物の大きさと掃除をする広さは比例する」という。
偉い人ほど、遠くまで掃除をするそうである。

教室で例えるなら、廊下掃除の際に隣の教室前ぐらいまで掃除する。
学校で例えるなら、学校の敷地の外までごみ拾いをする、といったところだろうか。

何かと参考になりそうな考え方だと思い、紹介してみた。

どうせなら残業しない工夫を頑張る

拙著『「捨てる」仕事術』の本文からの引用記事。 https://www.meijitosho.co.jp/detail/4-18-171335-5 ================ 「頑張る」というのは教員に限らず職業人にとっては当たり前のことであり、何ら褒められることでは...

ブログ アーカイブ