2013年3月3日日曜日

周りと一緒にレベルアップ

大縄・8の字の無料レポートが好評である。
全国の多くの先生と子ども達の役に立っているようで嬉しい。
急激に記録が伸びたという報告もある。
努力はしているのにコツがつかめていなかったというクラスには、効果てきめんだと思う。

以前書いたかも知れないが、このレポートを最初に作ったのには意図がある。
私が大縄の指導を初めてした時、全く指導法がわからなかった。
いや、回し方すら知らない状態である。
(8の字跳びの方は、幸い初任校の6年生が3分450回越えを見せてくれたので知っていた。
たまたま偶然、得意な指導者がいたのである。)

そこで、地域の大縄が得意な先生に教えて欲しいとお願いに行った。
すると、断られた。
企業秘密だと。
自分で何とかしろと。

なるほど、一理ある。
努力しないで教えを乞おうというのは、確かに虫がよすぎる。
しかし、少しぐらい教えてくれても、という思いもあった。
何せ、こちとら何も分からないよちよち歩き状態である。

とにかく市の大会に出た。
子どもの記録は、2分でひっかかりまくって50回程度だった。
連続とびの方は、10回ぐらいしかいかなかったと思う。
ひどい記録だが、その日、回し方を見て、バッチリ盗ませてもらった。

その後は失敗を重ねつつ、上手な人にもききながら、方法をまとめていった。
そして、学んだことは全て周りの人に公開した。
子どもをはじめ他人様からもらったものなのだから、当たり前である。
隣のクラスに教え教わりながら、隣のクラスと競争もした。
面白いことに、周りがレベルアップすると、自分のクラスもそれ以上にレベルアップする。
教えることで気付くこともたくさんある。
他のクラスを見て気付いた弱点が、自分のクラスに当てはまることも多々ある。

だから、今回レポートを受け取った方は、周りの人にもコツを教えてあげて欲しい。
なるべく多くの人の役に立てて欲しい。
レポートの著作権とかは気にしないでいいので、活用して欲しい。
名前を伏せて、どこかで見つけてきた参考資料として配布しても構わない。

とにかく、たくさんの人に活用して欲しい。
そして、もっといい実践を教えていただけたら幸いである。

周りと一緒にレベルアップ。
分け与えた分が、10倍になって戻ってくる。
「情けは人のためならず」を、実践していただきたい。

採用試験の重要性

つい先日、千葉県の教員採用試験の二次選考があった。 この採用試験というのは、学校現場にとって非常に重要な意味をもつ。 以前も書いた気がするが、記事を探しても見当たらないので再度書く。 ずっと前に「東京教師塾」で、塾頭の原田隆史先生に次のような話を伺った。 (記憶を辿って...

ブログ アーカイブ