2013年2月2日土曜日

授業道場野口塾IN木更津

野口芳宏先生に学んでいると、よく次のようなフレーズが出る。
「『誘う』という字は、ごんべんに優秀の秀と書く。
誘われるということは、あなたが人より秀でてるから声をかけられたということ。
その人に認められているということです。
だから、私は、人に誘われたら、できる限り断らないにします。
この学習会に誘われてやってきた人は、皆優秀な人だということです。」

このブログを読んでくださっているのは、優秀な方々だと思う。
私のような者からも学べるのだから、そこだけは間違いない。
「賢者が愚者から学ぶことの方が、愚者が賢者より学ぶことより多い」
というモンテーニュの格言の通りである。

そうはいっても、たまには賢者から学ぶことも大切である。
次の学習会に、読者の皆様を「お誘い」したい。

授業道場野口塾IN木更津
2013年2月24日(日)9:10~16:10
会場 木更津市民会館
講座内容
1 発問道場~「花をみつける手がかり」(教育出版 4年下)を使って
2 子どもが夢中になる算数授業(さくら社社長 横山験也先生)
3 野口流学校作り~野口先生の学校だよりからの学び
4 説明文の授業(模擬授業)「花をみつける手がかり」(野口先生)
5 国語授業のポイント
6 教養講座~教育の原点再考(野口先生)
参加費4000円(昼食付)

特に6の教養講座が楽しい。
教師の仕事に生き甲斐や誇りを持ち、やる気が出る内容である。

いかんせん、休日にお金を払ってまでやる学習会である。
参加する側も講師の側も、気合いがいる。
だから、おすすめはするが強要はできない。
しかし、参加したら、代価以上の価値が得られることだけは保障できる。

参加希望される方は、メルマガのアドレスかコメント欄に参加希望を。
(今回、コメント欄は記入しても一般公開されませんのでご安心を。)
詳細を添付して返信させていただきます。

この機会にたくさんの方にお会いして、直接お話を伺えればと思う。
都合のつく方は、ぜひ。

自由な学級=選択の幅が広い学級

以前の「自由市場と政治の原理 学級経営への応用」の記事について、 アメリカ在住の読者の方から、感想をいただいた。 読者の皆様にとっても大いに参考になると思ったので、紹介する許可をもらった。 以下、メールより引用する。 ================ (引用開始) ...

ブログ アーカイブ