2012年9月5日水曜日

「言語性IQ」と「動作性IQ」

授業のユニバーサルデザイン研究会」という会の全国大会を参観してきた。
非常にためになる学びがあったので、シェアする。

特別支援教育のワークショップでの学びである。
講師は川上康則氏。
現役の特別支援学校の先生である。

特別支援を勉強している人には常識すぎる話かもしれないが、自分には知らないことがたくさんあった。
「IQ」には、「言語性IQ」と「動作性IQ」という種類に分けて測る方式があるらしい。
(「方式がある」というのは、○○式という感じで、何種類かあるため。
ややこしいのでここでは割愛。)

簡単に言うと、言語性IQは「理解・計算・記憶」といった部分。
動作性IQは「図形・記号」の処理といった部分。
どちらが低いかを見分けないと、不適切な対応に陥る羽目になる。

動作性IQが低い子どもは、パズルが苦手、漢字が苦手ということが多いらしい。
そういう子どもは、ものの見え方が違うそうだ。
漢字が記号的に見えるだけなので、どうにも覚えられない。
また、見え方が違うので、書くことも苦手になるらしい。

これらの子どもに、努力を強いると、二次障害を引き起こす。
努力や根性ではどうにもならないからである。
川上氏は「花粉症の人を杉林に連れて行って、気合いで克服しろ!というのと同じ。」と例えていた。

クラスの○○が苦手な子ども。
どう見ても、努力不足にしか思えない子ども。
実は、努力不足なのではなく、通常以上に困難なのかもしれない。

「努力は善」が基本だが、疑う必要もありそうである。

どうせなら残業しない工夫を頑張る

拙著『「捨てる」仕事術』の本文からの引用記事。 https://www.meijitosho.co.jp/detail/4-18-171335-5 ================ 「頑張る」というのは教員に限らず職業人にとっては当たり前のことであり、何ら褒められることでは...

ブログ アーカイブ