2012年9月17日月曜日

逸脱行動への対応

教室を飛び出すといった、逸脱行動が起こる子どもが学級にいる。
この行動自体をすぐなくそうとするのは無理がある。
なので、考え方を変える必要がある。

これを、学級にとって「チャンス」と考える。
「みんながきちんとしてくれているお陰で、普通に授業が進むね。ありがとう。」
と伝える。
逸脱行動のある子ども以外の子どもに損をさせないこと。
何もないよりも、学級がまとまるきっかけになり得る。

ポイントは、クラスの共感性を高めていくことである。
「相手のことを知る」
「共通の目標に向かう」
これが、共感性を高めることにつながる。
相手のことを知るとは、相手を理解することである。
逸脱行動も、相手を理解していれば「そういうこともあるな」と思える。

トラブルはチャンス。
大変な子どもが、自分を成長させてくれる。

自由な学級=選択の幅が広い学級

以前の「自由市場と政治の原理 学級経営への応用」の記事について、 アメリカ在住の読者の方から、感想をいただいた。 読者の皆様にとっても大いに参考になると思ったので、紹介する許可をもらった。 以下、メールより引用する。 ================ (引用開始) ...

ブログ アーカイブ