2012年9月21日金曜日

2学期の個人目標の活用方法

2学期のはじめ、個人目標を立てさせたと思う。
「生活」「学習」「運動」など、3項目程度立てることが多いと思う。
そして、そろそろ忘れさられた頃ではないだろうか。

大抵、1週間以内に忘れさられる。
忘れないようにする工夫が必要である。
掲示しておくだけでも、忘れる。

少し邪魔だが、小さくしたものを机のすみに貼り付けておく方法がある。
1年生の名前と一緒である。
(よほどしっかり貼らないとボロボロになるが。)
毎日目にするので、嫌でも意識化される。

また、目標に「クラスの為に」というものを一つ入れたい。
(私は、「生活」の欄をこれにする。)
個人目標だが、クラスの為に自分ができることを一つ設定する。
「落ちているゴミを拾って、教室をきれいに保つ」でもいい。
「笑顔であいさつして、周りを元気にする」でもいい。
自分の為だけでなく、クラスの為にもなる目標。
これを一つ入れるだけで、集団帰属意識や自己肯定感が高まる。

2学期、せっかく立てる目標を有効に活用したい。

自由な学級=選択の幅が広い学級

以前の「自由市場と政治の原理 学級経営への応用」の記事について、 アメリカ在住の読者の方から、感想をいただいた。 読者の皆様にとっても大いに参考になると思ったので、紹介する許可をもらった。 以下、メールより引用する。 ================ (引用開始) ...

ブログ アーカイブ