2016年1月31日日曜日

他律的自律と週始め

月曜を迎えれば、仕事が始まる。
日曜日の夕方は、休みが終わるということで、少ししんどい気持ちになる。
(サザエさん症候群というらしい。)

野口芳宏先生の言葉に「他律的自律」がある。
要は、やるべきことが決められているからこそ、動くという面がある。
これが「完全にあなたの自由」という状態だと、なかなか動けない。
他律によって自分がしっかりできる。
月曜日に行くべき場があるというのは、有難いことである。

これとセットで、「頼まれたら断らない」という言葉もある。
人から頼まれるのは、結構大変である。
断ったら楽。
しかし、敢えて受ける。
そうすると、やらざるを得ない。
結果、大変だが、自分のためになる。
恐らく、他人様に頼まれなかったら、何も得られなかったはずである。

さて、今日をゆっくり楽しんだら、明日は月曜日。
大変さもあるが、新たな気持ちで、前向きに「志事」をしたい。

働き方改革と個人の価値観

前号に引き続き、学校での働き方改革を考える。 職場を思い浮かべれば、ばりばりやる人、ほちぼちの人、あるいはそうでもない人もいるかもしれない。 毎日夜遅くまで残業している人、定時で帰る人、短時間勤務の人、色々いる。 いつでも精力的でばりばりやる人、決められたことを自分のペー...

ブログ アーカイブ