2016年1月22日金曜日

やる気は生もの

やる気は生もの。
一瞬しか起きない。
三日も四日も保たない。

やる気が出たその一瞬がチャンス。
やるかやらぬか迷う暇があれば、先に動く。
理由や方法などすべて後付けで何とかなる。
特に休みはチャンス。
平日の(いつでも)忙しい時に、プラスワンのチャレンジ精神はなかなか湧かない。

ちなみに、各種セミナー等に参加する時、うまい方法を求めるてしまうが、一番受け取れるのはやる気である。
そして、一回受け取ったら、それを出し惜しみせずにすぐに使う。
やる気を受け取ったのだから、やることが一番の有効活用である。

また、あまり多いと消化不良になりがちである。
たくさん色んな種類のご馳走を一気に食べようとするのと同じである。
一気にたくさん食べても限界量があるし、翌日にはまたお腹が減る。
食いだめや寝だめができないのと同じである。

自分の「やる気スイッチ」の入れ方を見つけたら、入れっぱなしにはならないと心得て、定期的にメンテナンスをするのが大切である。

「捨てる」人間関係を考える

「捨てる」において、最も難しいのは、人間関係におけることである。 付き合いを捨てられないで、過剰な気遣いで苦しむ人も多い。 人間関係において、捨てると捨てないの基準は何か。 これは、自分なりでいいのだが、シンプルに設定しておく。 絶対捨てられないものをまず考える。 ...

ブログ アーカイブ