2016年1月6日水曜日

どこまで子どもにやらせるか

昨年の、赤坂真二先生からの学び。

参加者から次のような質問があった。
「どこまで子どもに任せていいものか悩みます。」

この質問への回答が明快だった。
「子どもが自分でやれることなら、全てやらせればいい。
やれないことだけ助けてあげる。」

そう、子どもにとって、本当にためになることをすればいい。
やってあげすぎは、依存心の強い子どもや、不遜な子どもが育つ。

子どもだって、本能的に人の役に立ちたいのである。
自己有能感、自己有用感を持ちたいのである。
その機会を教師が奪ってしまっていないか。

その「子どものため」の行為は、本当に必要か。
やってあげる前に、一度振り返りたい。

歴史の鉄則 便利と義務

最近読んだ本からの気付き。 次の本から、一文を引用する。 『サピエンス全史 上 文明の構造と人類の幸福』 ユヴァル・ノア・ハラリ 著 柴田 裕之 訳 河出書房新社 http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309226712/ ======...

ブログ アーカイブ