2016年1月6日水曜日

どこまで子どもにやらせるか

昨年の、赤坂真二先生からの学び。

参加者から次のような質問があった。
「どこまで子どもに任せていいものか悩みます。」

この質問への回答が明快だった。
「子どもが自分でやれることなら、全てやらせればいい。
やれないことだけ助けてあげる。」

そう、子どもにとって、本当にためになることをすればいい。
やってあげすぎは、依存心の強い子どもや、不遜な子どもが育つ。

子どもだって、本能的に人の役に立ちたいのである。
自己有能感、自己有用感を持ちたいのである。
その機会を教師が奪ってしまっていないか。

その「子どものため」の行為は、本当に必要か。
やってあげる前に、一度振り返りたい。

「捨てる」人間関係を考える

「捨てる」において、最も難しいのは、人間関係におけることである。 付き合いを捨てられないで、過剰な気遣いで苦しむ人も多い。 人間関係において、捨てると捨てないの基準は何か。 これは、自分なりでいいのだが、シンプルに設定しておく。 絶対捨てられないものをまず考える。 ...

ブログ アーカイブ