2013年1月9日水曜日

仰る通りです

昨年だが、ある道徳の研究会に出た。
道徳の授業を、徳目中心から、素晴らしい先人の生き方から学ぶものにしていこうという会である。

有名な先生方がパネリストとなってのパネルディスカッションが最後にあった。
これが、50分だったのだが、進行等で色々あり、時間が押した。
パネリストが4人で最後に質疑応答もあるので、一人あたりの持ち時間は10分程度である。
私のお目当ての先生が意見を言う番には、後にまだ一人いて質疑応答もあるのにあと15分という状態であった。

どうするのか見ていたら、その先生は5分もしないで話を終えられた。
その後の質疑応答は、すでに終了時刻オーバーであった。
その先生に質問が来た。
やや批判的な内容である。
どうするか見ていたら、笑顔で「仰る通りです」と言って、10秒で終えられた。
絶対、言い返せる内容だったが、「仰る通りです」だった。
「素直であれ、謙虚であれ」と普段から話されているが、それを体現していた。

やはり、すごい人は違うと実感した。
時間はみんなのものである。
それを尊重するのは、人を大切にしていることと同義であると学べた。

働き方改革と個人の価値観

前号に引き続き、学校での働き方改革を考える。 職場を思い浮かべれば、ばりばりやる人、ほちぼちの人、あるいはそうでもない人もいるかもしれない。 毎日夜遅くまで残業している人、定時で帰る人、短時間勤務の人、色々いる。 いつでも精力的でばりばりやる人、決められたことを自分のペー...

ブログ アーカイブ