2013年1月29日火曜日

この世に雑用なし

前回の話と関連のある言葉を本で見つけた。

「この世に『雑用』という用はありません。
私たちが用を雑にした時に、雑用が生まれます。」

カトリック修道女の渡辺和子さんの言葉である。
渡辺さんが修道院で研修していた頃、皿を並べる仕事があった。
機械的に皿を並べていた渡辺さんに、修道院長さんから一言、
「何を考えながら仕事していますか?」
「別に何も」
すると修道院長は、
「あなたは時間を無駄にしていますよ」
「一枚一枚の皿を並べる時に、それを使う人の幸福のためを祈りながらしてはどうですか」
それ以来、小さな仕事にも価値を見出すことができるようになったという。

ちなみに出典は次の本である。
「きっと勇気がわいてくる魔法の言葉 1あこがれの人の言葉」
中井俊巳・文 せきねゆき・絵 汐文社

小さなことを雑にしない。
「仕事と思うな人生と思え」に通じる考え方だと思い、紹介した。

働き方改革と個人の価値観

前号に引き続き、学校での働き方改革を考える。 職場を思い浮かべれば、ばりばりやる人、ほちぼちの人、あるいはそうでもない人もいるかもしれない。 毎日夜遅くまで残業している人、定時で帰る人、短時間勤務の人、色々いる。 いつでも精力的でばりばりやる人、決められたことを自分のペー...

ブログ アーカイブ