2013年1月27日日曜日

窓拭きと思うな、人生と思え

前回紹介した後、「○○と思うな、人生と思え」な出来事があった。
ガソリンスタンドでの出来事である。

寒風吹きさらす、とても寒い夜だった。
ガソリンスタンドで給油を頼んだ。
「窓をお拭きしますか?」と店員さん。
寒いし悪いなぁと思いながらも、
「お願いします」と私。

さて、拭いてもらうと、これが、すごく丁寧なのである。
1枚1枚を、しっかり力を入れて、水拭き、から拭きと、透き通るまで拭いてくれる。
通常の3倍ぐらい時間をかけてくれていたように思う。

お金を支払う時に、「寒い中一生懸命拭いていただいてありがとうございます」と言うと、
むこうは一言、
「きれいにするのが仕事なんで」
笑顔でにこやかに言われた。

この店員さんは、窓拭きという一つの「作業」に心を込め、「仕事」している。
窓を拭く。
車はきれいになる。
「嬉しいなぁ」とこちらの心もきれいになる。
更に、寒風に吹かれながら、自分自身の心も磨いている。

実に素晴らしい仕事だと思った。
ただの「作業」ではない、「仕事」である。

私達の普段のルーティーンも、「作業」になっていないか。
人生と思って、心と気合いを入れて、仕事に臨みたい。

自由な学級=選択の幅が広い学級

以前の「自由市場と政治の原理 学級経営への応用」の記事について、 アメリカ在住の読者の方から、感想をいただいた。 読者の皆様にとっても大いに参考になると思ったので、紹介する許可をもらった。 以下、メールより引用する。 ================ (引用開始) ...

ブログ アーカイブ