2016年11月25日金曜日

言葉を削る

話が長い。
聞いてもらえなくなる要因No.1である。

長くてもすごく関心のある事ならいい。
しかし、授業等で前に出る場合、すべての子どもにそうである確率は低い。

ならば、ずばり短く話すこと。
それも、ゆっくり、落ち着いて、低く響く声で伝える。

指示は少なく、活動は多く。
実習生に教えながら、身につまされる話だったので書いてみた。

腹が立つ時には

最近、腹が立つということが減った。 なぜか。 自分自身の怒りを眺められることが増えたからである。 腹が立つ時を考えると、大抵が「痛い」ところを突かれた時である。 もう一つは、自分が否定された、妨害されたと感じた時である。 要は、ほぼ全てが、自己防衛本能の発動である。 ...

ブログ アーカイブ