2016年10月7日金曜日

子どもの将来に学歴は必要か

次の本を読んだ。

『悩みどころと逃げどころ』
ちきりん 梅原大吾 共著 小学館新書
https://www.shogakukan.co.jp/books/09825274

「世界一のプロゲーマー」梅原大吾さんと、「社会派ブロガー」ちきりんさんの対談本である。
以前この梅原さんの本を読んで、大変面白かったため、今回も買って読んでみた。

世界一のプロゲーマー。
「ストリートファイター」シリーズ専門の、格闘技ゲーム限定のプロである。
「高橋名人」以外にそんな職業の人を意識したことがなかったので、衝撃であった。

梅原さんは、ゲーム一筋で生きてきたため、学歴がない。
一方のちきりんさんの方は、国立大学を出た後、アメリカの大学院で修士号をとるという学歴の持ち主。
真逆の二人なので、対談の全てが真逆の論理展開である。
この対談本での、学歴論争が面白い。

学歴は必要か。
持たない梅原さんは「必要」といい、持つちきりんさんは学歴の力に否定的である。
梅原さんの言葉を引用する。
==========
(引用開始)
ちきりんさんは自分に学歴があるから気がつかないんですよ。
僕がいた世界では、バイトでさえ学歴で人を判断する人が多くて、それが本当に屈辱的でした。
(引用終了)
==========

梅原さんは、一時期プロゲーマーをやめて就職しようとした時、学歴でものすごい差別を受けたという。
ちきりんさんは、学歴で優遇された覚えもないし、それを意識したこともないという。

本当に相手の立場に立つというのは、難しい。
見えている景色が違う。
難しいからこそ、相手の立場を慮る、豊かな想像力が必要である。

子どもの将来に、学歴は必要か。
改めて考えさせられるよい機会になった。

一律の宿題は、いらない

宿題の話。 例えば夏休み、学校では、どれぐらいの宿題が出た(または出した)だろうか。 教師の側からすれば「山ほど出した」という人は少ないと思う。 なぜなら「山ほど」かどうかは、受け手が感じることだからである。 「子どもの負担を考えて、少なめにしました」という人でも、相当...

ブログ アーカイブ