2016年5月30日月曜日

6割のやる気を生かすリーダーシップ

熊本の地震直後にメルマガで書いた記事。

被災地に対し、助けたい気持ちはあるけど、具体的にどうしていいかわからないという人が多いと思う。
さっと動ける行動力のある人の割合は、圧倒的に少ない。

そういう時に、指導者は大切である。
単純化して2:6:2の法則に当てはめるなら、6割の人は指導者次第で有効に働く。
国のリーダーシップの発揮どころである。

学級も同様。
例えば学級で問題がある時。
6割の子どもは、何かしたいと思っている。
しかし、動けないのである。
どうしていいか迷っている。
そこに光を指し示す人を「指導者」という。

学級では、指導が大切である。
任せるという行為も、あくまで指導の結果。
いきなり「任せた」では、ただの放任である。
やり方を教えて、応用できるようにさせる。
そうしたら、安心して任せられる。

特に非常時は指導が大切である。
集団をまとめるのは指導者の役割。
いくらアクティブ・ラーニングが主流であっても、そこは外せない。
集団のリーダーを育てるのもやはり指導者である。

熊本に話を戻す。
今、ボランティアをしようという人が溢れている。
やる気はあるのに、うまく配属されていない様子である。
トップがリーダーシップを発揮して、有効に生かして欲しいと願う次第である。

一律の宿題は、いらない

宿題の話。 例えば夏休み、学校では、どれぐらいの宿題が出た(または出した)だろうか。 教師の側からすれば「山ほど出した」という人は少ないと思う。 なぜなら「山ほど」かどうかは、受け手が感じることだからである。 「子どもの負担を考えて、少なめにしました」という人でも、相当...

ブログ アーカイブ