2016年5月28日土曜日

親が「言えばわかる」子どもなどいない

タイトルは、私が連載させていただいているプレジデントオンラインの記事である。
http://president.jp/articles/-/17854

言えばわかるなら苦労はない。
学級経営でも同じである。
言わないよりは言った方がマシという程度である。

では、どう伝えたらいいのか。
言うは易く、行うは難し。

行うことである。
逆説的に言えば、子どもは背中しか見ていない。

何度も紹介しているが、ザルツマンの「蟹の本」の一説。
蟹のお父さんが息子に一言。
「お前はどうして横にしか歩けないんだ。」
「お父さんがまっすぐ歩いてくださったら、そうします。」
というような話。
イソップ童話が元らしいが、教育の本質を突いている。

何度も同じことを言いながら、自分も同じことをしていないか。
時々自省する必要があるように思う。

腹が立つ時には

最近、腹が立つということが減った。 なぜか。 自分自身の怒りを眺められることが増えたからである。 腹が立つ時を考えると、大抵が「痛い」ところを突かれた時である。 もう一つは、自分が否定された、妨害されたと感じた時である。 要は、ほぼ全てが、自己防衛本能の発動である。 ...

ブログ アーカイブ