2016年5月28日土曜日

親が「言えばわかる」子どもなどいない

タイトルは、私が連載させていただいているプレジデントオンラインの記事である。
http://president.jp/articles/-/17854

言えばわかるなら苦労はない。
学級経営でも同じである。
言わないよりは言った方がマシという程度である。

では、どう伝えたらいいのか。
言うは易く、行うは難し。

行うことである。
逆説的に言えば、子どもは背中しか見ていない。

何度も紹介しているが、ザルツマンの「蟹の本」の一説。
蟹のお父さんが息子に一言。
「お前はどうして横にしか歩けないんだ。」
「お父さんがまっすぐ歩いてくださったら、そうします。」
というような話。
イソップ童話が元らしいが、教育の本質を突いている。

何度も同じことを言いながら、自分も同じことをしていないか。
時々自省する必要があるように思う。

働き方改革と個人の価値観

前号に引き続き、学校での働き方改革を考える。 職場を思い浮かべれば、ばりばりやる人、ほちぼちの人、あるいはそうでもない人もいるかもしれない。 毎日夜遅くまで残業している人、定時で帰る人、短時間勤務の人、色々いる。 いつでも精力的でばりばりやる人、決められたことを自分のペー...

ブログ アーカイブ