2016年5月3日火曜日

国歌を漢字で書く

以前に「まぐまぐニュース」で取り上げられた記事。
http://www.mag2.com/p/news/158870

卒業式。
国歌斉唱の場がある。
君が代である。
低学年でも、わりと歌える。

しかし、歌詞の意味まで知っているかというと、とたんに怪しい。

大分前になるが、モラロジー研究会で、野口芳宏先生による国歌についての講義を受けた。
そこで、参加者に次の指示が出された。
「『君が代』の歌詞を漢字で書いてください。」

これが、思いの外、書けない。

千葉県には、南房総に「巌根」、県北に「八千代」といった地名があるので、子どもは割と答えらえる。
「八千代」の「八」は「八百屋」などに使われる「八」と同じで、末広がり、無数という意味をあらわす。
それを知るだけでも、意味が伝わる。

「さざれ石」の「さざれ」と、「苔のむすまで」の「むす」は、大方の人が書けない。
「巌」などと違い、誰でも知っている漢字であるが、書けない。

「細石の巌となりて」と漢字で書くと、一気に意味が伝わる。
教室では、「細石」の画像を見せ、さらにイメージを持たせてみた。

ちなみに教室でやってみたところ、意外にもこの「むす」が書ける子どもがいた。
「生す」である。
理由を聞いたら、「何となく」。
いい感覚である。

歌詞の意味を知っていると知らないでは、歌い方にも大きく違いが出る。
知れば、気持ちが乗る。

自国の国歌の歌詞ぐらいは、知っておくべきなのに、知る機会がなかった。
知る機会を与えていただけたことに感謝である。

時限爆弾学級に要注意

理想の学級経営と失敗について。 どんな学級が理想だろうか。 思い描いたら、言語化して書き出して欲しい。 書くことで、はっきりする。 さて、それを見返してみて欲しい。 その中に「素直」と「従順」をはき違えたことがないか、要注意である。 ひたすら従順な子どもを育てた...

ブログ アーカイブ