2016年8月25日木曜日

夏休み明け 最初に伝えること

再録。

夏休み明け、子どもに会った時、まず何を伝えるか。
指導すべきこと、やりたいことはたくさんある。

道具の確認。
宿題。
二学期の決意表明や目標。
夏休みの学びや思い出の共有。
遊びやレクなどの楽しい活動。
授業や生活のルールの再確認。
学級委員の決定。
掃除や当番の仕組みづくり、等々。
具体的に挙げるときりがないほどある。

私の場合、一番に伝えることは、子どもが今ここにいることの喜びである。
この場に集まって顔を合わせることができたことの喜びを伝える。
夏休み明けは、結構しんどい気持ちになる子どももいる。
中には、宿題ができずに重い気持ちで来ている子どももいるかもしれない。
それでも、この場に来て顔を合わせられたことは、有難く嬉しいことである。

病気や不登校気味で来られなかった子どもを考えると、価値の高さがわかる。
学校に来たら、まずはそれだけで100点。
夏休み明け1日目は、何はともあれ久しぶりに会えたことを歓迎したい。

一律の宿題は、いらない

宿題の話。 例えば夏休み、学校では、どれぐらいの宿題が出た(または出した)だろうか。 教師の側からすれば「山ほど出した」という人は少ないと思う。 なぜなら「山ほど」かどうかは、受け手が感じることだからである。 「子どもの負担を考えて、少なめにしました」という人でも、相当...

ブログ アーカイブ