2016年8月23日火曜日

〇〇が苦手な子どもがいた時の指導の心得

明治図書の「教育zine」というコーナーに連載させていただいている。
前回は「水泳が苦手な子どもがいた時」というタイトルで書いた。
http://www.meijitosho.co.jp/eduzine/pe4class/?id=20160458

今回のポイントは次の3つ。
1 恐怖感・不安感を理解する。
2 習得すべきポイント(ステップ)を細分化する。
3 仲間と一緒にやる・楽しさを一つまみ。

これは水泳指導に限ったことではなく、指導全般の共通ポイントである。
特に、何かに「苦手」という意識を持った子どもには必要なポイントになる。

何かの参考になれば幸いである。

スペースを埋めない

7月29日、高校サッカーインターハイが開催される。 私も高校時代、燃えていたので、どこか出るのかとかは気になる。 さて、サッカーでは、ポジショニングが大切である。 それぞれの選手がその瞬間にどこにいるか、ということが次のプレーを左右する。 ポジショニングの上で大切なこ...

ブログ アーカイブ