2016年8月29日月曜日

男女を混ぜる乳化剤は、担任

前号の続き。
高学年以降の男女は、放っておくと混ざりにくい。

では、混ざらないから諦めるかというと、それも違う。
混ざらないからこそ、学級担任は、混ぜるのである。
水と油は、混ざらない。
しかし、乳化させる成分を入れれば別である。
担任は、「乳化剤」になる必要がある。

ペアを組ませて活動させるなど、色々と手を打つのだが、通常、なかなかやらない。
恥ずかしいのである。
自分だけ積極的になると、浮く感じがする。
だからこそ、「大義名分」が必要になる。
「先生がやれとうるさいからしょうがなくやっただけ」という体をとらせる。
「ちょっと先生のお願いに付き合ってよ」という感じである。
「仕方ないなぁ」という感じに、元々男女が混ざれないことに違和感を感じていた数名が動く。
この繰り返しで、ある時一気に混ざる。
しかし、放っておけば、また分離する。
だから、また混ぜる。
この繰り返しである。

放っておけばできないことを、できるようにする。
教育そのものであり、大切な役割の一つである。

「捨てる」人間関係を考える

「捨てる」において、最も難しいのは、人間関係におけることである。 付き合いを捨てられないで、過剰な気遣いで苦しむ人も多い。 人間関係において、捨てると捨てないの基準は何か。 これは、自分なりでいいのだが、シンプルに設定しておく。 絶対捨てられないものをまず考える。 ...

ブログ アーカイブ