2012年6月30日土曜日

少しの無理をさせる

「指導とは、ちょっとの無理をさせ続けること。」
例の如く、野口芳宏氏の言葉である。
とても好きな言葉で、指導の本質がここにあると思う。

極端なことを言うと、普通にできることは指導する意味がない。
導かなくてもできることである。
下のレベルに合わせると、ほとんどの子どもにとって意味のない指導になる。
上のレベルを基本にして、下まで含めて全体を引っ張り上げるのが指導である。

例えば、日直のスピーチ。
自分の普段通りのしゃべり方で話していては、よく聞こえない。
教室で全体に向かって話すのだから、無理が必要である。
(野口氏はこれを「公的話法」という言葉で教えている。)
「不自然でよい」のである。
自然ではいけない。
無理をするから、伸びるのである。

応援での声がよく出ない子どもは、無理できてないのである。
普通に出そうとしている。
応援などは「パフォーマンス」なのだから、演技が必要だ。
これは意外と難しい。
教師が前に立ってオーバーに演技することで、殻が破れることもある。
相手に無理を強いるのだから、自分も、少し無理をするのである。

無理のしすぎは良くないが、無理をしないのでは成長はない。
持久走が速くなりたいなら、きついペースで練習する必要がある。
無理ないジョギングは、現状維持が目的である。
子どもは、現状維持ではいけない。
日々向上させるべく、少しの無理を互いにするよう心がけたい。
(その上で、初めてリラックスの時間が生きてくるように思う。)

自由な学級=選択の幅が広い学級

以前の「自由市場と政治の原理 学級経営への応用」の記事について、 アメリカ在住の読者の方から、感想をいただいた。 読者の皆様にとっても大いに参考になると思ったので、紹介する許可をもらった。 以下、メールより引用する。 ================ (引用開始) ...

ブログ アーカイブ