2012年6月18日月曜日

見直しの時期

以前紹介した「3・7・30」の法則によると、30日目をとうにこえた頃である。
もう一度、学級経営を見直す時期が来たと考える。

最初に作ったシステムは上手く機能しているか。
問題があるなら、改善はできるか。
または、それをなくしたらどうなるか。
ない方がいいなら、なくした方がいいかもしれない。

そういうことをチェックし直す時期である。
最初のやり方に固執していると、苦しくなることもある。
以前上手くいった方法でも、上手くいかないこともある。
子どもが違うのだから、ある意味当然である。

規律面も含め、改めてこの時期、もう一度点検したい。

働き方改革と個人の価値観

前号に引き続き、学校での働き方改革を考える。 職場を思い浮かべれば、ばりばりやる人、ほちぼちの人、あるいはそうでもない人もいるかもしれない。 毎日夜遅くまで残業している人、定時で帰る人、短時間勤務の人、色々いる。 いつでも精力的でばりばりやる人、決められたことを自分のペー...

ブログ アーカイブ