2017年5月5日金曜日

「プリ〇ュアカレーが食べたい」子どもの心理

子どもの日ということで、子どもにちなんだ緩い話。

カップ麺。
レトルトカレー。
マック。

何かというと、「子どもが好きな食事」御三家である。
どれも、インスタントでファストである。

何度か紹介したかもしれないが、私の好きな話。
授業参観での作文発表の一場面。
「僕のお母さんは、料理が上手です。
 一番好きなのは、納豆ごはんです。」
最高である。

子どもは意外と、「愛情のこもった手料理」を有難がらない傾向がある。
普段きちんとしたものを食べているからこそ、という面もあるかもしれない。
例えば私の幼なじみのI君は、小学生の頃、レトルトカレーを食べたことがなかった。
なので、彼の誕生日プレゼントに、インスタントの激辛カレーをプレゼントしてあげた。
彼の親がどんな反応をしたかはわからないが、今になって悪いことをしたと反省しきりである。

別の話。
私の知り合いの母子の話で、夕飯で娘(3歳)にカレーを作って出した時のこと。
食卓にはつくものの、なかなか食べない。
おもむろに席を立ち、食品棚からインスタントカレー(「プリ〇ュアカレー」)を取り出して一言。

「こっちがいい。」

母ブチ切れ。
どの家も、「そんなもん」である。

ただ面白い話で終わらせないで、考察してみる。
要は、子どもの「好き」に振り回されすぎないということ。
子どもの「好き」が「良い」とは限らないということである。
時に我慢をさせたり、好まないがやらせる必要もあるのではないかと思った次第である。

働き方改革と個人の価値観

前号に引き続き、学校での働き方改革を考える。 職場を思い浮かべれば、ばりばりやる人、ほちぼちの人、あるいはそうでもない人もいるかもしれない。 毎日夜遅くまで残業している人、定時で帰る人、短時間勤務の人、色々いる。 いつでも精力的でばりばりやる人、決められたことを自分のペー...

ブログ アーカイブ