2017年1月15日日曜日

意見は、人格。

上越教育大学の赤坂真二先生からの学びのシェア。
赤坂先生より受講者に対し「学んだことを周りに広げるべし」との話があった。
よって、遠慮なく紹介していく。
山ほどあるので、少しずつ。

次が、一番心に残った言葉。

「意見は、人格。」

つまり、意見をその人そのものと捉えるということ。
そうなると、簡単に否定することはできない。
「人の意見を聞く」「意見を大切にする」という言葉の本質がある。

これが、対話において大変重要な心構えになる。
批判はいらない。
肯定的に聞く。
なぜなら、「意見は人格」だからである。
仲間を否定していいはずがないのである。

この言葉を意識するだけで、かなりのことが変わる。
授業中や休み時間、子どもの話を聞く時にも必要な心構えである。

働き方改革と個人の価値観

前号に引き続き、学校での働き方改革を考える。 職場を思い浮かべれば、ばりばりやる人、ほちぼちの人、あるいはそうでもない人もいるかもしれない。 毎日夜遅くまで残業している人、定時で帰る人、短時間勤務の人、色々いる。 いつでも精力的でばりばりやる人、決められたことを自分のペー...

ブログ アーカイブ