2016年3月6日日曜日

念=今+心  必=心+楔

「念」と「必」という字は、4年生の新出漢字である。
両方とも、心に関する漢字である。

「念」はそのまま「今」に「心」。
今に心を集中している状態である。
つまり「念入り」というのは、心を込めて行うということ。

例えば「念入りに掃除する」というのは、心を込めて掃除するということ。
当然、隅々までやることになる。
「念入りにチェックする」「念を入れて聞く」など、心を込めて行う時に使う。
「きちんと」よりも「念入りに」の方が、伝わるのではないかと思う次第である。

「必」は、「心」に楔(くさび)を打ち込んだ字である。
心に決めるという意味になる。
「必ずやる」という時、後退は許されない。
もしこれを言うとき、言わせる時は、「覚悟」が「必要」になる。

漢字の学習を、漢字の暗記で終わらせない。
この素晴らしい文化を、大いに教育に生かしたい。

「学級崩壊」の言葉を捨てる

素直さと学級崩壊との関連について。 学級崩壊の分岐点は、ここなのである。 子どもがひねくれてしまっているのである。 最初から聞く価値がないと各々が判断している訳であるから、当然授業も成り立たない。 素直でないので、何を言っても聞かない。 「だって」と「でも」で屁理屈...

ブログ アーカイブ