2016年3月9日水曜日

一流の人は、みんなが諦める時ほど、全力。

一流。
いい響きである。
一番は一人でも、一流はたくさんいる。

一流の人は違う。
何が違うのかというと、何もかも違うのである。
いや、違うからこそ、一流なのであろう。

ならば、それを観察し、真似すればよい。
例えば、次のような発見があった。

一流の人は、みんなが諦める時ほど、全力。

野球を例にする。
普通の選手は、大差で負けている試合で、ぎりぎりの盗塁はしない。
一流選手は、そこで盗塁する。
そこで一つ進塁したところで、大差に変わりはない。
しかし、そこで敢えて盗塁するのが、一流選手である。
その小さな突破口から、大きく穴が空くことが往々にしてある。

サッカーなら、どう見てもゴールラインを割りそうなスルーパスを出された時。
普通は、諦める。
そこを、「馬鹿みたい」にダッシュして追う選手がいる。
100回に1回かもしれないが、芝の関係等で、ボールが一瞬止まることがある。
この千載一遇のチャンスをものにできるのは、無駄かと思うボールを追っかける選手だけである。

営業の例。
アフリカのとある地域で靴を売ってこいと言われた時。
普通の人は「この地域の人は、靴をはきません」といって、一足も売らずに帰ってきた。
ある一流の営業マンは「この地域の人は、靴をはかないため、いくらでも売れます。」といって、市場開拓をした。
お陰で、その地域の人はみんな靴をはくようになったという。

結論。
一流に近付くためには、みんなが諦める時がチャンス。
反対されたり、無駄だと言われる時がチャンス。

一流に倣って、そんな時こそ諦めずに全力を出したい。

一律の宿題は、いらない

宿題の話。 例えば夏休み、学校では、どれぐらいの宿題が出た(または出した)だろうか。 教師の側からすれば「山ほど出した」という人は少ないと思う。 なぜなら「山ほど」かどうかは、受け手が感じることだからである。 「子どもの負担を考えて、少なめにしました」という人でも、相当...

ブログ アーカイブ