2016年3月7日月曜日

「ボールペンの法則」

一つ、法則を発見した。
「ボールペンの法則」という。
簡単に説明する。

長年使っている、愛用のボールペンがある。
それと似たものをスペアでたまたま手に入れたことが何度かある。
この、スペアを手に入れる度に、どちらか(大抵新しい方)をなくすのである。
「いや、そんなのはお前だけだ」と言わず、最後まできいていただきたい。

理由を考えた。
いつもなら、それしか頼れないから、肌身離さず、なくさない。
しかし、スペアがあるとなると、「あそこにも置いてあるからいいか」となる。
そうすると、あっちこっちに置くようになり、結局なくす。

そういう訳である。
つまり
「ボールペンの法則」
とは、
「余計なものをもう一つ持っていても、結局一つになる。」

ということである。

だから何だといわれそうである。
こういう一見どうでもよさそうなことを、実践に結びつけるのが大切である。

要は、一点集中である。
色々あると、気が散る。
マルチタスクをこなせる能力のない人にとっては、これしかない。
(一般に、女性の方がマルチタスクに強いらしい。)
あれこれと手を広げすぎず、とりあえず一つ決めたものをやり通す。
実践においても、結構大切なことであると感じた次第である。

子どもの眼・子どもの心

夏の読書に、次の本を紹介する。 『一年一組せんせいあのね―詩とカメラの学級ドキュメント』 鹿島 和夫 編 フォア文庫 https://www.amazon.co.jp/dp/4652039077 35年以上前の本だが、今の教育で欠けている視点が手に入る良書である。 ...

ブログ アーカイブ