2012年11月25日日曜日

短く、何度も

タイトルは、次の本からの引用である。
「説明の達人に変わる本」 中谷彰宏著 全日出版

「説明は短く」とは、授業の原則の一つである。
どれぐらいの長さかというと、大体15秒以内がベスト。
1分を越える説明は長い。
(物語や体験のようなものを「語る」場合は別。
あくまで物事の「説明」についてである。)

授業では、教えたい大きなテーマが一つあるとする。
この教える内容を、小さく砕く。
1ユニット15秒~1分の説明。
説明の後は作業。
この繰り返しで集中させていく。
(有名な向山型算数などは、このやり方に似ているように思う。
正しくは、説明はしないらしいが。)

以前から、歴史人物カルタをおすすめしてきた。
1ゲーム5分程度である。
読んでる時間だけだと、3分程度である。
その中に、20~30人程度の人物のカルタを読む。
単純に割ると、やはり1人10秒以内の説明となる。
それを毎時間繰り返す訳だから、当然記憶に残る。
暗記しようなどと思わずとも、自動的に刷り込まれる。
暗記に使う労力を、思考に使うことができる。
システム化しておくことで、授業が楽になる。

「短く、何度も」は、あらゆることに応用できる基本である。

働き方改革と個人の価値観

前号に引き続き、学校での働き方改革を考える。 職場を思い浮かべれば、ばりばりやる人、ほちぼちの人、あるいはそうでもない人もいるかもしれない。 毎日夜遅くまで残業している人、定時で帰る人、短時間勤務の人、色々いる。 いつでも精力的でばりばりやる人、決められたことを自分のペー...

ブログ アーカイブ