2010年12月5日日曜日

おすすめ書籍

今日は休日ということもあり、少し趣向を変えて本の紹介を。
(文体も、いつもと変えて敬体にします。)

教育に関するものなら・・・
「灯し続けることば」 大村はま 小学館
『「楽勉力」で子どもは活きる!」 親野智可等 祥伝社

人生観を広げるものなら・・・
「道をひらく」 松下幸之助 PHP
「やりたいことをやれ」本田宗一郎 PHP研究所

ビジネス書でスキルアップをはかるなら・・・
「なぜあの人は整理が上手いのか」 中谷彰宏
「一生折れない自信のつくり方」 青木仁志

単純に読書を楽しむなら・・・(超個人的な好みで)
「燃えよ剣」 司馬遼太郎 
「ぼくは勉強ができない」 山田詠美

などなど。
まだまだありますが、今回は特に好きな作家の作品を紹介しました。
大村はまさんの本はいいです。アツい。
親野智可等さんはメルマガ上でも有名人なので、知っている方も多いと思います。
中谷彰宏さんの本も大好きで、私は100冊以上持ってます。

読書はいいです。
パワーアップする感じがします。
また紹介したいと思います。

採用試験の重要性

つい先日、千葉県の教員採用試験の二次選考があった。 この採用試験というのは、学校現場にとって非常に重要な意味をもつ。 以前も書いた気がするが、記事を探しても見当たらないので再度書く。 ずっと前に「東京教師塾」で、塾頭の原田隆史先生に次のような話を伺った。 (記憶を辿って...

ブログ アーカイブ