2017年3月26日日曜日

なるほど力

金大竜先生からの学び。

ごんぎつねの模擬授業があった。
こんな授業はどうかという提案である。

懇親会の席で、この話になった。
「どうだった?」と聞かれたので、私見を伝えた。

なるほど、そうかー。
勉強不足やなぁー。

そんな反応である。

本人曰く、「勉強不足」なのだという。
どんなに勉強している人でも、勉強不足。
多分、一つ一つに理由をつけて、反論はできたはずである。

指摘に、反論しない。
受け止める力がある。
(なるほどと言うだけで流す人もいるかもしれない。)
一旦受容するというは大切な力である。

このメルマガで、野口芳宏先生のごんぎつねの授業の話を以前書いたことがある。
野口先生は子どもの解釈に「なるほど」と参った訳である。
それを向山洋一氏が見て、声をかけられ、野口先生は様々な場へ出ることになったというのである。

つまり、大きくなる人は、なるほど力。
自分が考え抜いて全力を尽くしたものを脇に置いても、なるほどという。
この力の有無が、明暗を分けると気付いた次第である。

一律の宿題は、いらない

宿題の話。 例えば夏休み、学校では、どれぐらいの宿題が出た(または出した)だろうか。 教師の側からすれば「山ほど出した」という人は少ないと思う。 なぜなら「山ほど」かどうかは、受け手が感じることだからである。 「子どもの負担を考えて、少なめにしました」という人でも、相当...

ブログ アーカイブ