2017年2月21日火曜日

子どもへの恋文

次の本を紹介する。

『子どもへの恋文』
灰谷 健次郎 著 大月書店
https://www.amazon.co.jp/dp/4272320238

ハウツーは全くなく、教育、というより、人間としての根本的なところが問われる本である。
一部引用する。
============
(引用開始)
子どもに学ぶ、という言葉は、どこか胡散臭い。
そして今や手垢がつき過ぎてしまったきらいもある。
こちらが子どもに変えられてしまう場合、
それまで積み上げてきたもののすべてが粉砕されてしまうほど、
圧倒的な迫力と独創性が、子どもの側にあるものだ。
(引用終了)
==============

子どもに教えているようで、子どもに教えられている。
子どもを教える立場にいる人は、何かしら思い当たる節があるのではないだろうか。

知識や技術を身に付けるほど、視野が狭くなるようではいけない。
初心忘れるべからず。
目の前の子どもは、大人の未完成版ではない。
わかっているのに、つい忘れてしまう自分を戒める良い機会になった。

「学級崩壊」の言葉を捨てる

素直さと学級崩壊との関連について。 学級崩壊の分岐点は、ここなのである。 子どもがひねくれてしまっているのである。 最初から聞く価値がないと各々が判断している訳であるから、当然授業も成り立たない。 素直でないので、何を言っても聞かない。 「だって」と「でも」で屁理屈...

ブログ アーカイブ