2017年2月19日日曜日

子供に求めるより、自分が変わる方が早い

先月の南惠介先生のセミナーでの学び。

刺さる言葉がたくさんあった。
その中の一つに
「子供に求めるより、自分が変わる方が早い」
というのがあった。

主体変容である。
子供が変わらないと嘆いていても始まらない。
教えても伸びないのを子供のせいにしたら、当然楽である。
「あの子は〇〇だから仕方無い」と言ってしまったら、完全敗北宣言である。

自分が変わる。
そうすれば、世界は変わらないかもしれないが、自分の認識する世界が変わる。

自分の見る目を変える。
例えば、席に座らずに、歩き回って落ち着きのない〇〇君。
見方を変えれば、止まっていることが苦痛で席についていられず、苦しさから動くしかない〇〇君。(ちなみに、今の私のクラスの子供ではなく、あくまで例である。)

見方が変われば、対応は変わる。
別に子供が変わった訳ではないが、見える世界が変わる。
結果的に、子供も変わるかもしれない。

子供相手に限らず、つい人に求めてしまう自分。
自分から変われるように意識したい。

一律の宿題は、いらない

宿題の話。 例えば夏休み、学校では、どれぐらいの宿題が出た(または出した)だろうか。 教師の側からすれば「山ほど出した」という人は少ないと思う。 なぜなら「山ほど」かどうかは、受け手が感じることだからである。 「子どもの負担を考えて、少なめにしました」という人でも、相当...

ブログ アーカイブ