2015年5月9日土曜日

クラスを最高の雰囲気にするゲーム&ワーク

学級経営の具体的なコツシリーズ。
次の本もいわゆる「ハウツー」として具体が書かれている。

『クラスを最高の雰囲気にする! 目的別学級ゲーム&ワーク50』
赤坂真二編著 明治図書
http://www.amazon.co.jp/dp/4181811247

これは、クラスを楽しくするためのゲーム&ワーク集である。
(こっちは、前回紹介した本以上に、さらに売れ行き好調のようである。)

現在の経験も知識もなくても、そのまま使える。
この本のコンセプトの良いところは、ただのゲーム&ワークのハウツー本ではなく、「雰囲気づくり」が本質にある点である。
例えば私はこの本で「ことわざカルタ」と「こじつけディベート」の実践を紹介している。
表に見えるのは「楽しさ」である。
一方、裏にある本質は、「ルールやマナーを守る雰囲気づくり」である。
そこの根本を考えると、それは道徳教育である。
人としてより良い生活を求める態度である。

私は、表面的なことが苦手である。
何のためにやるのか、意味もわからず従うのも苦手な人間である。
だからこそ、ルールやマナーには意味付けをしたい。
多分、私に似たタイプの子どもが、どの学級にも必ずいると思う次第である。
(一方で、意味がわからずとも従うという姿勢が、時に必要なことも承知している。)
だからこそ、こういうゲームを通して、ルールやマナーを根本・本質から教えていきたい。

このブログでも、役立つと思う記事を色々紹介している。
しかし、本になる記事というのは、編集や様々な人々を通して精査されている。
時間が惜しい方こそ、本の方も読んでいただきたいと思う次第である。

一律の宿題は、いらない

宿題の話。 例えば夏休み、学校では、どれぐらいの宿題が出た(または出した)だろうか。 教師の側からすれば「山ほど出した」という人は少ないと思う。 なぜなら「山ほど」かどうかは、受け手が感じることだからである。 「子どもの負担を考えて、少なめにしました」という人でも、相当...

ブログ アーカイブ