2015年4月21日火曜日

「何となく」を言語化すべし

千葉大学を会場にしたセミナーで講師をしてきたことに関連して、前号の話の続き。

最高の話は、勇気がもらえる話。
それには「すごくうまくいった実践の話」だけではなく、
「どうやったら自分にもできるか」という明確な手順が示されることが条件である。

残念ながら、私は参加者の方のその質問に、正対した答えが示せない場面があった。
「何となくうまくいく」では、セミナー講師としては失格である。
それを、言語化して誰にもできそうな形で提示する義務がある。

一方で、そこまでしないでも、教師なんだから学べる人は学べるという意見も存在する。
それも一理ある。
しかし、前に立って教える以上、できる限りわかりやすく伝えるのが責務である。

子どもに教える時も同様。
理解力のある子どもは、誰が教えてもできる。
誰が教えても「わからない」という子どもがいた時こそ、はじめて工夫をしようと頭をひねるチャンスである。

何となくうまくいっていることを、いかに言語化し、伝達できる形にするか。
これからの課題である。

一律の宿題は、いらない

宿題の話。 例えば夏休み、学校では、どれぐらいの宿題が出た(または出した)だろうか。 教師の側からすれば「山ほど出した」という人は少ないと思う。 なぜなら「山ほど」かどうかは、受け手が感じることだからである。 「子どもの負担を考えて、少なめにしました」という人でも、相当...

ブログ アーカイブ