2015年4月17日金曜日

最高の話とは

先日、千葉大学でセミナー講師をさせていただいた。
こういう機会をいただけるのは、実に有難いことである。
休日に有料の研修会に参加するような志ある方々へ話すのは、毎度ながらかなりのプレッシャーを感ずる。
可能な限り有益な話をしたいと願って立つ。

さて、私の師事する野口芳宏先生が、先日のサークルで次のような話をしてくださった。
「〇〇さん、最高の話って、どんな話だと思う?」
「う~ん・・・」

私は「感動する話かな?」などと考えた。
野口先生は、次のように回答された。

「最高の話とは、勇気が出る話だよ。」

なるほど、合点いった。
ちなみにこれは、野口先生自身が師と慕う先生から教えていただいた話だそうである。

ここからは私見。
勇気が出る話。
どんな話だろうか。

自分の思いついたものを羅列してみる。
・すごいと思っている人の失敗談(「自分と同じなんだ」という感覚)
・感動する話(困難の克服、愛、誰かを救った、成長ストーリー、・・・)
・がんばれば自分にもやれそうだと思う話(「試してみたい!」という感覚)
・・・まだまだある。
要は、参加者視点で、やる気スイッチが入るものであればいい。

日々の授業でも、少しでも「最高の話」に近づけるように、万全の準備を持って臨みたい。
______________________________

教育における「おそれ」の必要性

前号で、教育の世界はポジティブ用語を好むという話を書いた。 ポジティブは必ずネガティブと裏表セットである。 教育において、恐怖という言葉は、忌み嫌われやすい。 しかし、安全・安心とルールを担保するために、恐怖は必要になる。 恐怖という言葉にどうしても抵抗があるなら、「こ...

ブログ アーカイブ